Python エスケープシーケンスとraw文字列のサンプル

Pythonのエスケープシーケンスのサンプルです。

確認環境
・Python 3.7.0

目次

エスケープシーケンス

  • 特殊な意味を持つ文字を表すために使用します。
  • 文字の先頭にバックスラッシュ(¥円記号)を付けます。

主なエスケープシーケンス

  • 以下は、主なエスケープシーケンスです。
文字 説明
¥'  シングルコーテーション
¥" ダブルコーテーション 
¥t タブ
¥¥ バックスラッシュ
¥n 改行 (LF)
¥r 復帰 (CR)
¥0 Null文字
¥f 改ページ
¥ooo oooにはASCII文字の8進数3桁のコードが入ります
→ASCII文字が表示されます
¥xhh hhにはASCII文字の16進数2桁のコードが入ります
→ASCII文字が表示されます
¥uxxxx xxxxにはUnicodeの16進数4桁のコードが入ります
→Unicodeの文字が表示されます

コード

エスケープシーケンスのサンプルです。
5,9行目はエスケープシーケンスを使わない例です。

# coding: utf-8

# シングルコーテーションを表示
print ('あいう\'えお') #あいう'えお
print ("あいう'えお") #あいう'えお

# ダブルコーテーションを表示
print ("あいう\"えお") #あいう"えお
print ('あいう"えお') #あいう"えお

# タブを表示 
print ("あいう\tえお") #あいう  えお

# バックスラッシュを表示
print ("あいう\\えお") #あいう\えお

# 改行を行う
print ("あいう\nえお") #「う」の後に改行が入る

# Null文字を表示 
print ("あいう\0えお") #あいう えお

# ASCII文字の8進数3桁のコードでASCII文字を表示
print ("\101") #A
print ("\101\102") #AB

# ASCII文字の16進数2桁のコードでASCII文字を表示
print ("\x41") #A
print ("\x41\x42") #AB

# Unicodeの16進数4桁のコードでUnicode文字を表示
print ("\u0041") #A
print ("\u0041\u0042") #AB

raw文字列

raw文字列を使うとエスケープシーケンスの文字を機能させずに表示できます。
raw文字列は文字列の先頭にrを追加します。

3行目は、raw文字列を使用しています。\をエスケープシーケンスの文字として機能させません。
5行目は、\がそのまま表示されます。

8行目は、エスケープシーケンスとして\を記述しています(\が2つ並ぶ)。
10行目の結果は、5行目と同じになります。

13行目は、\を1つのみ記述した例です。\はエスケープシーケンスの文字として機能するので15行目は意図した表示になっていません。

# coding: utf-8

p1 = r"D:\test1\test1.txt"

print (p1) # D:\test1\test1.txt


p2 = "D:\\test1\\test1.txt"

print (p2) # D:\test1\test1.txt


p3 = "D:\test1\test1.txt"

print (p3) # D: est1 est1.txt

関連の記事

Python 文字列の始め/終わりを確認するサンプル(startswithとendswith)
Python 文字の位置を取得するサンプル(find/index)
Python 文字列を区切り文字で分割するサンプル(split)
Python 文字列の大文字と小文字を変換(upper/lower/capitalize/swapcase/title)
Python 文字列の先頭と末尾を削除するサンプル(strip)

プログラムでつまったらteratailに登録して質問しましょう!↓↓↓

△上に戻る