Eclipseを動かしているJava VMを確認する方法

Eclipseを動かしているJava VMを確認する方法です。
EclipseでJavaコードをコンパイルするものとは別です。

確認環境
・eclipse 4.8/4.7/4.6

目次

サンプル Eclipseを動かしているJava VMを確認する
  eclipse.iniで指定する/しない場合

Eclipseを動かしているJava VMを確認する

1.「ヘルプ」→「Eclipseについて」をクリックします

 

2.「インストール詳細」をクリックします。

 

3.「構成」のタブをクリックし、「-vm」の下に記述されているのがEclipseを動かしているJava VMです。サンプルでは、「C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_121\bin\javaw.exe」と記載されています。

 

eclipse.iniで指定する/しない場合

JDKを指定した場合

eclipse.iniファイルに起動するJava VMを指定できます。

以下は、eclipse.iniにJDKのbinのjavaw.exeを指定しました。

1行目は、-vmオプションです。
2行目は、場所です。

-vmオプションは、-vmargsオプションの前に付ける必要があります。

Eclipseでは以下になります。

 

 

以下は、eclipse.iniにJDKのbinフォルダを指定しました。

Eclipseではファイル名がjvm.dllになっています。

 

JREを指定した場合

以下は、eclipse.iniにJREのbinフォルダを指定しました。

Eclipseでは以下のファイルが指定されます。

 

eclipse.iniに指定しない場合

以下は、eclipse.iniにJava VMを指定していません。

その場合、pathにJavaの設定がなくEclipseが探しきれないとエラーになりEclipseを起動できません。
pathにJDK11を指定した場合、以下になります。

Java JDKのインストールと環境変数の設定

関連の記事

Eclipse JDKのJREを設定する
Eclipse ECJのJDK準拠レベルの設定方法
Eclipse 起動オプション
Eclipseの起動時のメモリ量(Xms)と最大のメモリ量(Xmx)の確認方法
Eclipseのバージョンの確認方法
Eclipse ワークスペースの切り替え方法
Eclipse プロジェクトを別のワークスペースにコピーして使用する手順

△上に戻る