Eclipse 起動オプション

Eclipseの主な起動オプションです。
例は、Windowsのコマンドプロンプトで実行した場合のコマンドです。

目次

-dataオプション

-dataオプションは、ワークスペースの場所を指定します。
例:eclipse.exeがあるフォルダでDドライブのwork1フォルダをワークスペースとしてEclipseを起動する場合、以下のコマンドを入力します。

eclipse.exe -data "D:\work1"

 

-cleanオプション

-cleanオプションは、キャッシュを破棄してEclipseを起動します。
プラグインを追加した場合等に使用します。
例:eclipse.exeがあるフォルダでキャッシュを破棄してEclipseを起動する場合、以下のコマンドを入力します。

eclipse.exe -clean

 

-vmオプション

-vmオプションは、Java VMの場所を指定します。Java VMはEclipseを動かすのに必要です。
例:eclipse.exeがあるフォルダでJavaVMを指定してEclipseを起動する場合、以下のコマンドを入力します。

eclipse.exe -vm  "C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_72\bin\javaw.exe"

 

-vmargsオプション

-vmargsオプションは、JavaVMへの引数を指定します。
例:eclipse.exeがあるフォルダでXmsを256m、Xmxを1024mと指定してEclipseを起動する場合、以下のコマンドを入力します。

eclipse.exe -vmargs -Xms256m -Xmx1024m

-Xms

-Xmsは、eclipseが起動時に確保するメモリ量です。mはメガバイトです。
例:-Xms40m

-Xmx

-Xmxは、eclipseが使用する最大のメモリ量です。mはメガバイトです。
例:-Xmx512m

関連の記事

Eclipseを動かしているJava VMを確認する方法
Eclipseの起動時のメモリ量(Xms)と最大のメモリ量(Xmx)の確認方法
Eclipseのバージョンの確認方法
Eclipse ワークスペースの切り替え方法
Eclipse プロジェクトを別のワークスペースにコピーして使用する手順
EclipseにJDKのJREを追加する方法
Eclipse ECJのJDK準拠レベルの設定方法



△上に戻る