Eclipse ECJのJDK準拠レベルの設定方法

ECJのJDK準拠レベルの設定方法です。

確認環境
・eclipse 4.7/4.6

目次

JDK準拠

Eclipseは、独自にJDK準拠のコンパイラを持っています。
コンパイラ名は、ECJといいます。ECJは、Eclipse Compiler for Javaの略称です。

 

ウィンドウから設定する

ウィンドウからコンパイラー準拠レベルを設定する手順です。

1.「ウィンドウ」 → 「設定」 をクリックします。

eclipse15

 

2.「Java」→「 コンパイラー」 をクリックし、「 コンパイラー準拠レベル」でバージョンを選択します。

eclipse16

 

プロジェクトから設定する

プロジェクトからコンパイラー準拠レベルを設定する手順です。

1.プロジェクトを右クリックしてダイアログを表示させます。

 

2.ダイアログの一番下にある「プロパティ」をクリックします。

 

3.「Javaコンパイラー」→「コンパイラー準拠レベル」で選択します。
グレイで選択できない場合は、「プロジェクト固有の設定を可能にする」にチェックを入れると選択できるようになります。

 

JDK準拠レベルのエラーメッセージ

以下のエラーメッセージが出る場合は、プロジェクトのJDK準拠レベルを確認してみて下さい。
新規Javaプロジェクトを作成したときにJDK準拠レベルが1.4になっていたときがありました。

Syntax error, 'for each' statements are only available if source level is 1.5 or greater

 

関連の記事

EclipseにJDKのJREを設定する(プライベートJREとパブリックJRE)
Eclipse 起動オプション
Eclipseを動かしているJava VMを確認する方法
Eclipseの起動時のメモリ量(Xms)と最大のメモリ量(Xmx)の確認方法
Eclipseのバージョンの確認方法
Eclipse ワークスペースの切り替え方法
Eclipse プロジェクトを別のワークスペースにコピーして使用する手順

△上に戻る