CSS width 幅を指定するサンプル

widthは、幅を表します。

目次 widthとは
数値 + 単位(px) / 数値+% / auto

widthとは

書き方 width : 値
数値 + 単位・・・要素の幅になります。単位はpx等です。
数値+%・・・要素の幅になります。親ブロックに対する割合です。
auto・・・ブラウザが自動的に調整します。(初期値)
初期値 auto
継承 なし
参考(MDN) https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/CSS/width

数値+pxを指定

<style>
  .box1 {
    width: 200px; /* pxで指定 */
    background: LightCyan;
    border: 1px solid #000;
  }
</style>
<div class="box1">width:200px</div>

3行目は、widthに200pxを指定しています。

以下のイメージになります。

 

数値+%を指定

<style>
  .box1 {
    width: 300px;
    border: 1px dotted #000;
    background: LightCyan;
  }
  .box2 {
    width: 50%; /* %で指定 */
    border: 1px solid #000;
  }
</style>
<div class="box1">
  <div class="box2">width:50%</div>
</div>

3行目は、widthに300pxを指定しています。
8行目は、widthに50%を指定しています。
親のブロックに対する割合になり、300pxの50%の150pxになります。

以下のイメージになります。

 

autoを指定

<style>
  .box1 {
    width: 300px;
    border: 1px dotted #000;
    background: LightCyan;
  }
  .box2 {
    width: auto; /* autoで指定 */
    border: 1px solid #000;
  }
</style>
<div class="box1">
  <div class="box2">auto</div>
</div>

3行目は、widthに300pxを指定しています。
8行目は、widthにautoを指定しています。
幅は、ブラウザが自動で指定します。確認した環境では、300pxでした。

以下のイメージになります。

関連の記事

CSS max-width 最大の幅を指定するサンプル
CSS min-width 最小の幅を指定するサンプル

△上に戻る