VB.NET 文字列と数値の変換(Parse/ToString)

VB.NETの文字列と数値の変換のサンプルです。

目次

サンプル 文字列を数値(Integer)にする(Parse)
  数値(Integer)を文字列にする(ToString)
  データ型を調べる(typeof演算子)

文字列を数値(Integer)にする(Parseメソッド)

Public Shared Function Parse(s As String) As Int32

文字列を数値(Integer)にするサンプルです。

Module Module1
	Sub Main()

		Dim a As String = "12345"
		Dim b As Integer = Integer.Parse(a)

		Console.WriteLine(VarType(b)) '3(Integer)が出力される

		Dim c As String = "-12345"
		Dim d As Integer = Integer.Parse(c)

		Console.WriteLine(VarType(d)) '3(Integer)が出力される
	End Sub
End Module

5行目は、Parseメソッドで文字列を数値にしています。
VarTypeメソッドはデータ型を調べることができます。
10行目は、マイナスの数値にしています。

数値(Integer)を文字列にする(ToStringメソッド)

Public Overrides Function ToString() As String

数値(Integer)を文字列にするサンプルです。

Module Module1
	Sub Main()

		Dim a As Integer = 12345
		Dim b As String = a.ToString

		Console.WriteLine(VarType(b)) '8(String)が出力される
	End Sub
End Module

5行目は、ToStringメソッドで数値を文字列にしています。
VarTypeメソッドはデータ型を調べることができます。

データ型を調べる(VarType)

Public Function VarType(VarName As Object) As VariantType
  • VarTypeは、データ型を調べることができます。
  • 戻り値は、データ型を示す数値を返します。
Module Module1
	Sub Main()

		Console.WriteLine(VarType(100)) '3(Integer)が出力される
		Console.WriteLine(VarType(100.2)) '5(Double)が出力される
		Console.WriteLine(VarType("100")) '8(String)が出力される
		Console.WriteLine(VarType(True)) '11(Boolean)が出力される
	End Sub
End Module

以下は、MicrosoftのVarTypeメソッドのリンクです。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/microsoft.visualbasic.information.vartype?view=netcore-3.1

関連の記事

VB.NET 文字列を操作するサンプル
VB.NET 文字列の一部を取得するサンプル(Substring)

△上に戻る