Python 例外処理のサンプル

JavaScriptの例外処理のサンプルです。
try ... except文とraise文を使用します。

確認環境
・Python 3.7.0

目次

try...except文

try:
   処理
except 例外クラス名 [as 変数名]:
   処理
else:
  処理
  • tryの処理で例外が発生した場合、exceptの例外処理が実行されます。
  • 例外クラス名は、キャッチする例外を記述します。
  • exceptの最後にあるas 変数名は省略可能です。
  • elseは例外が発生しなかったときに実行されます。
  • 以下はPythonの公式ドキュメントの「8.3. 例外を処理する」のリンクです。
    https://docs.python.org/ja/3/tutorial/errors.html#handling-exceptions

コード

try...except文のサンプルです。

# coding: utf-8

try:
	a = 100/0
except Exception:
	print("エラーです") #エラーです
else:
	print("終了")

try:
	a = 100/10
except Exception:
	print("エラーです")
else:
	print("終了") #終了

3行目は、tryです。
4行目は数値を0で割るのでエラーになります。
5行目は、エラーをキャッチし6行目の文言を表示ます。
8行目の文言は表示されません。

11行目は、数値を10で割るのでエラーになりません。
13行目の文言は表示されません。
15行目は、文言が表示されます。

raise文

raise 例外クラス名(引数の値)

コード

raise文のサンプルです。

# coding: utf-8

try:
	a = 100/10
	raise Exception('例外のテスト')

except Exception as e:
	print(e) # 例外のテスト

try:
	a = 100/10
	raise Exception('例外のテスト','err1')

except Exception as e:
	print(e) # ('例外のテスト','err1')

5行目は、raise文で強制的に例外を発生させています。
7行目のexceptでキャッチし、8行目は5行目の引数の値を表示します。

12行目は、引数が2つあります。引数は任意の数を指定できます。
15行目は、タプルで12行目の引数の値が表示されます。

関連の記事

Python タプルの仕組みと使い方のサンプル(tuple)
Python 関数のサンプル
Python ローカル変数とグローバル変数

△上に戻る