Python タプルのサンプル

Pythonのタプルのサンプルです。

確認環境
・Python 3.6.4

目次

タプル

変数 = ( 要素1 , 要素2 , 要素3 , ... )
  • 丸括弧(( ))で括って、カンマ(,)で要素を区切ります。
  • ひとつの変数に複数の値を設定できます。
  • それぞれの値はインデックス番号でアクセスできます。
  • インデックス番号は0から始まります。
  • 値を変更することができません。←リストとの違い
  • 値の並び替えもできません。←リストとの違い
  • 以下はPython 3.6.4ドキュメントのタプルのリンクです。
    https://docs.python.jp/3/tutorial/datastructures.html#tuples-and-sequences

タプルを作成する

3行目は、タプルを作成しています。丸かっこ「( )」を使用します。
5行目は、変数aの値を表示しています。
7-9行目は、インデックス番号を指定してそれぞれの値を表示しています。

# coding: utf-8

a = ("赤","黄","青")

print (a) # ('赤', '黄', '青')

print (a[0]) #赤
print (a[1]) #黄
print (a[2]) #青

要素を置き換える(不可)

タプルは要素を置き換えることはできません。
5行目は、インデックス番号を指定して要素を置換えようとしますがエラーになります。

# coding: utf-8

a = ("赤","黄","青")

a[1] = "オレンジ" #エラー

要素を検索する (in,index)

5,9行目は、inで指定の要素がある場合はTrueをない場合はFalseを返します。
13-15行目は、indexメソッドで指定の要素が何番目にあるかを返します。

# coding: utf-8

a = ("赤","黄","青")

b = "青" in a

print (b) # True

c = "紫" in a

print (c) # False

d = a.index("赤")
e = a.index("黄")
f = a.index("青")

print (d) # 0
print (e) # 1
print (f) # 2

入れ子の構造のリストを作成する

3-7行目は、入れ子の構造のリストを作成しています。
13-15行目は、インデックス番号を2つ使用してリストの値を参照しています。

# coding: utf-8

a = (
"色の種類",
("赤","黄","青"),
("緑","白","黒")
)

print (a[0]) #色の種類
print (a[1]) #('赤', '黄', '青')
print (a[2]) #('緑', '白', '黒')

print (a[1][0]) #赤
print (a[1][1]) #黄
print (a[1][2]) #青

タプルを連結する (+)

タプルを連結することはできます。
7行目は、2つのタプルを連結しています。

# coding: utf-8

a = ("赤","黄","青")

b = ("緑","白","黒")

c = a + b

print (c) #('赤', '黄', '青', '緑', '白', '黒')

関連の記事

Python if文のサンプル
Python for文とbreakとcontinueのサンプル
Python while文とdo…while文にあたる書き方のサンプル
Python 関数のサンプル
Python リストのサンプル
Python ディクショナリのサンプル
Python セットのサンプル

△上に戻る