Python ディクショナリのサンプル

Pythonのディクショナリのサンプルです。

確認環境
・Python 3.7.0

目次

ディクショナリ

変数 = { キー1:値1 , キー2:値2 , キー3:値3 , ... ]
  • ひとつの変数に複数の要素を設定できます。
  • 要素は、キーと値を持ちます。
  • キーは、数値や文字列を使用できます。
  • 値は、数値や文字列やリストなども使用できます。
  • 順序は保証されません。
  • 以下はPython 3.6.4ドキュメントのディクショナリのリンクです。
    https://docs.python.jp/3/tutorial/datastructures.html#tut-dictionaries

値を取得する

値を取得するサンプルです。

# coding: utf-8

a = {"t1":"赤",
	"t2":"黄",
	"t3":"青"}

print (a) # {'t1': '赤', 't2': '黄', 't3': '青'}

print (a.keys()) #dict_keys(['t1', 't2', 't3'])
print (a.values()) #dict_values(['赤', '黄', '青'])

print (a["t1"]) #赤
print (a.get("t2")) #黄

3~5行目は、ディクショナリを作成しています。波かっこ({ })を使用します。
9行目は、keysでキーを取得しています。
10行目は、valuesで値を取得しています。
12行目は、キーを指定して値を取得しています。
13行目は、getでキーを指定して値を取得しています。

 

要素を追加する

要素を追加するサンプルです。

# coding: utf-8

a = {"t1":"赤",
	"t2":"黄",
	"t3":"青"}

a["t4"] = "緑"

print (a) # {'t1': '赤', 't2': '黄', 't3': '青', 't4': '緑'}

7行目は、キーと値を指定して要素を追加しています。

 

要素の値を変更する

要素の値を変更するサンプルです。

# coding: utf-8

a = {"t1":"赤",
	"t2":"黄",
	"t3":"青"}

a["t2"] = "緑"

print (a) # {'t1': '赤', 't2': '緑', 't3': '青'}

7行目は、キーを指定して要素の値を変更しています。

 

要素を削除する (del)

要素を削除するサンプルです。

# coding: utf-8

a = {"t1":"赤",
	"t2":"黄",
	"t3":"青"}

del a["t2"]

print (a) # {'t1': '赤', 't3': '青'}

7行目は、del文でキーを指定して要素を削除しています。

 

キーで要素が存在するか確認する(in)

キーで要素が存在するか確認するサンプルです。

# coding: utf-8

a = {"t1":"赤",
	"t2":"黄",
	"t3":"青"}

print (a) # {'t1': '赤', 't2': '黄', 't3': '青'}

print ('t2' in a) # True
print ('t5' in a) # False

9行目は、in演算子でキーを指定して存在を確認しています。存在するのでtrueです。
10行目は、in演算子でキーを指定して存在を確認しています。存在しないのでFalseです。

 

for文のループで要素を取得する

for文のループで要素を取得するサンプルです。

# coding: utf-8

a = {"c1":"赤",
	"c2":"黄",
	"c3":"青"}

print (a) # {'c1': '赤', 'c2': '黄', 'c3': '青'}

for key in a:
	print(key,a[key]) #c1 赤 c2 黄 c3 青

9,10行目は、for文とin演算子でキーと値1つずつ取得しています。

関連の記事

Python if文のサンプル
Python for文とbreakとcontinueのサンプル
Python while文とdo…while文にあたる書き方のサンプル
Python 関数のサンプル
Python リストのサンプル
Python タプルのサンプル
Python セットのサンプル

△上に戻る