Python リストのサンプル

Pythonのリストのサンプルです。

確認環境
・Python 3.7.0

目次

リスト

変数 = [ 要素1 , 要素2 , 要素3 , ... ]
  • 角括弧([ ])で括って、カンマ(,)で要素を区切ります。
  • ひとつの変数に複数の値を設定できます。
  • それぞれの値はインデックスを指定してアクセスします。
    →上記例では、変数[0]で要素1にアクセスします。0がインデックスです。
  • インデックスは0から始まります。
    →上記例のインデックスは、値1は0、値2は1、値3は2です。
  • インデックスを-1にすると最後の要素が指定されます。
  • 以下はPython 3.6.4ドキュメントのリストのリンクです。
    https://docs.python.jp/3/tutorial/datastructures.html

リストを作成する/値を取得する

3行目は、リストを作成しています。
5行目は、変数の値を表示しています。['赤', '黄', '青']と表示されます。
7-9行目は、インデックスを指定してそれぞれの値(赤、黄、青)を表示しています。
11行目は、インデックスに-1を指定して最後の要素を表示しています。

# coding: utf-8

a = ["赤","黄","青"]

print (a) # ['赤', '黄', '青']

print (a[0]) #赤
print (a[1]) #黄
print (a[2]) #青

print (a[-1]) #青

要素を置き換える

5行目は、インデックスを指定して要素を置換えています。

# coding: utf-8

a = ["赤","黄","青"]

a[1] = "オレンジ"

print (a) # ['赤', 'オレンジ', '青']

要素を削除する (del/remove)

5行目は、del文とインデックスを指定して削除しています。
9行目は、removeメソッドと要素の値を指定して削除しています。

# coding: utf-8

a = ["赤","黄","青"]

del a[1]

print (a) # ['赤', '青']

a.remove ("青")

print (a) # ['赤']

末尾に要素を追加する (append)

5行目はappendメソッドでリストの末尾に要素を追加しています。

# coding: utf-8

a = ["赤","黄","青"]

a.append("緑")

print (a) # ['赤', '黄', '青', '緑']

要素を検索する (in/index)

5,9行目は、inで指定の要素がある場合はTrueをない場合はFalseを返します。
13-15行目は、indexメソッドで指定の要素が何番目にあるかを返します。

# coding: utf-8

a = ["赤","黄","青"]

b = "青" in a

print (b) # True

c = "紫" in a

print (c) # False

d = a.index("赤")
e = a.index("黄")
f = a.index("青")

print (d) # 0
print (e) # 1
print (f) # 2

逆順に並べる (reverse)

5行目はreverseメソッドで逆順に並べています。

# coding: utf-8

a = ["赤","黄","青"]

a.reverse()

print (a) # ['青', '黄', '赤']

数値を小さい順に並び変える (sort)

5行目はsortメソッドで数値を小さい順に並び変えています。

# coding: utf-8

a = [300, 20, 500]

a.sort()

print (a) # [20, 300, 500]

入れ子の構造のリストを作成する

3-7行目は、入れ子の構造のリストを作成しています。
13-15行目は、インデックスを2つ使用してリストの値を参照しています。

# coding: utf-8

a = [
"色の種類",
["赤","黄","青"],
["緑","白","黒"]
]

print (a[0]) #色の種類
print (a[1]) #['赤', '黄', '青']
print (a[2]) #['緑', '白', '黒']

print (a[1][0]) #赤
print (a[1][1]) #黄
print (a[1][2]) #青

リストの要素で計算する

リストの要素をインデックスで指定して計算できます。

# coding: utf-8

a = [2,3]

print (a[0] + a[1]) #5 足し算

print (a[0] - a[1]) #-1 引き算

print (a[0] * a[1]) #6 掛け算

print (a[0] / a[1]) #0.6666666666666666 割り算

リストを連結する

+でリストを連結できます。
9行目は、a,b,cのリストを連結しています。

# coding: utf-8

a = [2,3]

b = [8,9]

c = ["a","b"]

print (a + b + c) #[2, 3, 8, 9, 'a', 'b']

一部の要素を取り出す (スライス/ステップ)

リスト名[ 最初の要素のインデックス:取り出す最後の要素のインデックス+1]
リスト名[ 最初の要素のインデックス:取り出す最後の要素のインデックス+1:ステップ]

リストの一部の要素を取り出すことができます。スライスといいます。
指定する最初のインデックスと最後のインデックスをコロン(:)で区切り全体を角括弧でくくります。

コロン(:)の左側を省略した場合、最初の要素から取り出します。(11行目)
コロン(:)の右側を省略した場合、最後の要素まで取り出します。(13行目)
コロン(:)の右側にマイナスの値を指定すると最後尾から数えて取り出します。(15行目)
コロン(:)の右側にもうひとつコロン(:)と値を指定するとリストの要素を2つおき、3つおき取り出すというような指定ができます。ステップといいます。(17行目)

# coding: utf-8

a = [1,2,3,4,5,6,7]

print (a[0:2]) #[1, 2] 

print (a[1:2]) #[2]

print (a[2:5]) #[3, 4, 5]

print (a[:2]) #[1, 2] 左側の値を省略

print (a[2:]) #[3, 4, 5, 6, 7] 右側の値を省略

print (a[:-1]) #[1, 2, 3, 4, 5, 6] マイナスの値

print (a[::2]) #[1, 3, 5, 7] ステップを使用

要素の値の最大値、最小値、合計、要素の長さ (max,min,sum,len)

要素の値の最大値、最小値、合計、要素の長さを
組み込み関数で取得できます。

# coding: utf-8

a = [2,8,3]

print (max(a)) # 8 最大値

print (min(a)) # 2 最小値

print (sum(a)) # 13 合計

print (len(a)) # 3 要素の長さ

リストを比較する

リストが同じか比較する場合は==を使用します。(9行目)
リストが同じでないか比較する場合は、!=を使用します。(12行目)

# coding: utf-8

a = ["赤","黄","青"]

b = ["赤","黄","青"]

c = ["赤","オレンジ","青"]

if a == b:
	print("同じ") #表示される

if a != c:
	print("異なる") #表示される

リストに特定の要素が含まれているか比較する

9行目は、黄という値が3行目のリストに含まれているかin演算子を使用して比較しています。含まれているので文字が表示されます。
12行目は、オレンジという値が3行目のリストに含まれているかin演算子を使用して比較しています。含まれていないので「含まれない」という文字が表示されます。

# coding: utf-8

a = ["赤","黄","青"]

b = "黄"

c = "オレンジ"

if b in a:
	print("含まれる1") #表示される

if c in a:
	print("含まれる2")
else:
	print("含まれない") #表示される

 

関連の記事

Python if文のサンプル
Python for文とbreakとcontinueのサンプル
Python while文とdo…while文にあたる書き方のサンプル
Python 関数のサンプル
Python タプルのサンプル
Python ディクショナリのサンプル
Python セットのサンプル



△上に戻る