LANとWANとインターネットの仕組み

LANとWANとインターネットの仕組みです。

目次

LAN

  • 会社のフロア内のネットワークや家庭内のネットワークです。
  • インターネットと違い閉じたネットワークです。
  • LANは、Local Area Networkの略です。

LANの配線の方式は、種類があります。

スター型LAN

ハブに全てのパソコンを接続する形態をスター型LANといいます。
スター型LANは、現在最も使用されている形態です。
1台のパソコンがトラブルを起こしても他のパソコンに影響しません。

バス型LAN

初期の頃のLANは、バス型LANが使用されていました。
バス型LANは、1本の同軸ケーブルにパソコンを接続します。
1台のパソコンがトラブルを起こすとその先にあるPCが使用できなくなります。

LANの規格も種類があります。

イーサネット

イーサネットは、LANの規格です。現在LANの規格の中で最も普及しています。

イーサネットは、ネットワークの物理層とデータリンク層を規定しています。
10BASE-T,100BASE-TX,1000BASE-Tは、イーサネットの規格です。

  • 10BASE-Tは、1秒間に10Mビットの速さでデータを送信します。
    ツイストペアケーブル(LANケーブル)を使用し、パソコンを接続します。スター型LANです。
  • 100BASE-TXは、1秒間に100Mビットの速さでデータを送信します。
    ツイストペアケーブル(LANケーブル)を使用し、パソコンを接続します。スター型LANです。
  • 1000BASE-Tは、1秒間に1000Mビット(1Gビット)の速さでデータを送信します。
    ツイストペアケーブル(LANケーブル)を使用し、パソコンを接続します。スター型LANです。
  • 現在は、1000BASA-Tが普及しています。
  • ツイストペアケーブルは、TPケーブルとも呼ばれ、シールド有りがSTPケーブル、シールド無しがUTPケーブルと呼ばれます。

 

WAN (ワン)

  • 本社-支社、支社-支社など離れた地域をつなぐネットワークのことです。
  • LANとLANをつなぎます。
  • インターネットと違い、会社内のみなど閉じられたネットワークです。
  • 専用の回線や、IP-VPN等でネットワークを構築します。
  • WANは、Wide Area Networkの略です。

 

インターネット

  • インターネットは、プロバイダー、企業、大学、公的機関、IX他等が接続してネットワークを形成しています。
  • IXは、インターネットエクスチェンジ(Internet Exchange)の略です。ネットワーク同士を接続する施設、拠点です。
  • 一般のユーザーはプロバイダーに加入してインターネットを利用します。プロバイダは、OCNやBiglobeや@nifty他等あります。
  • プロバイダーは、ISP(Internet Services Provider)ともいいます。ネットワーク関係の資料ではよくISPと書いてあります。

関連の記事

メールを送受信するプロトコル (SMTP/POP/IMAP)
Webサーバに接続するまでの流れとポート番号
ネットワークのアドレス変換 (NATとNAPT)
DNSの仕組み
L2スイッチとL3スイッチの違い
MACアドレスを取得するプロトコル (ARP)
インターネットVPNとIP-VPN
プロキシサーバとリバースプロキシサーバの違い
「HTTPリクエスト」と「HTTPレスポンス」



△上に戻る