DNSの仕組み

DNSの仕組みについてです。

DNS

  • DNSは、Domain Name Systemの略です。
  • ドメイン名とIPアドレスの対応関係を管理するシステムです。
  • ドメイン名からIPアドレスを取得できます。名前解決、正引きと言います。
  • IPアドレスからドメイン名を取得できます。名前解決、逆引きと言います。

ドメイン名からIPアドレスを取得する流れ

  • ① 「www.example.jp」のIPアドレスを問い合わせます。
  • ② ルートネームサーバへ問い合わせします。
  • ③  jpのDNSサーバのアドレスを返します。
  • ④  jpのDNSサーバへ問い合わせします。
  • ⑤  example.jpのDNSサーバのアドレスを返します。
  • ⑥  example.jpのDNSサーバへ問い合わせします。
  • ⑦ 「www.example.jp」のIPアドレスを返します。
  • ⑧ 「www.example.jp」のIPアドレスを返します。
  • DNSサーバに問い合わせするソフトをリゾルバといいます。
  • DNSサーバは、ネームサーバとも呼ばれます。
  • ドメイン名を使用した通信をする場合は、PCまたはルーターにDNSサーバのIPアドレスを登録しておく必要があります。
  • 毎回このような問い合わせが行われるわけではありません。
    →PCがすでにwww.example.jpのIPアドレスを保持している場合、それを再利用します。
    →キャッシュサーバも同様にwww.example.jpのIPアドレスを保持している場合、それを再利用します。

hostsファイル

  • ホスト名とIPアドレスの対応が書かれたファイルです。
  • DNSに登録する前にサーバ等にアクセスしたい場合に利用できます。

リソースレコード

リソースレコードとは、DNSサーバに登録する情報のことです。
ゾーンファイルというテキストファイルにリソースレコードが記述されています。
以下は主なリソースレコードです。

リソースレコード 説明
SOAレコード Start of Authority record
最初に記述されるリソースレコード。
自分が管理しているゾーン(ドメイン)の情報。
DNSサーバの各種管理情報あり。
NSレコード Name Server record
自分が管理しているゾーン(ドメイン)のネームサーバを指定する。
プライマリ、セカンダリのDNSサーバを記述。
Aレコード Address record
ドメイン名に対するIPアドレスを指定する。
正引きで使用する。
PTRレコード PoinTeR record
IPアドレスに対するドメイン名を指定する。
逆引きで使用する。
CNAMEレコード Canonical NAME record
ホストの別名を指定する。
MXレコード Mail exchange record
ドメインのメールサーバを指定する。

https://w以下は、JPNICのDNSキャッシュのリンクです。
https://www.nic.ad.jp/ja/newsletter/No51/0800.html

関連の記事

メールを送受信するプロトコル (SMTP/POP/IMAP)
Webサーバに接続するまでの流れとポート番号
ネットワークのアドレス変換 (NATとNAPT)
L2スイッチとL3スイッチについて
MACアドレスを問い合わせるプロトコル (ARP)
インターネットVPNとIP-VPN
使用しているネット環境




△上に戻る