L2スイッチとL3スイッチの違い

L2スイッチとL3スイッチの違いについてです。

L2スイッチ

  • L2スイッチは各ポートにつながっている機器のMACアドレスを記憶しています。
    →MACアドレスを元にして送信相手にのみ信号を流します。
    →複数の通信を同時に処理できます。
  • OSI参照モデルのデータリンク層(第2層)で動作する機器です。
    →第2層のスイッチ=レイヤ2のスイッチ
  • スイッチングハブとも呼ばれます。
  • 製品によっては、VLANを設定することが可能です。
    →VLANとは、Virtual LANの略でLANをいくつかの仮想的なネットワークに分割することです。
    →ただし、L2スイッチではVLAN間の通信はできません。

以下は、実際のL2スイッチとスイッチングハブです。

リピータハブ

  • リピータハブは、1つの機器から受け取った信号をすべての回線に流します。
  • 機器の台数が増えるとデータの衝突が起こりやすくなり通信速度が遅くなります。
  • L2スイッチが普及する前は、主流の機器でした。
  • パケットキャプチャ用として使えます。
  • OSI参照モデルの物理層(第1層)で動作する機器です。

以下は、実際のリピーターハブです。

L3スイッチ

  • L2スイッチの機能とIPアドレスのルーティング機能を持っています。
    →VLANの設定が可能です。
    →VLAN間を通信することが可能です。(L2スイッチでは不可)
  • OSI参照モデルのネットワーク層(第3層)で動作する機器です。
    →第3層のスイッチ=レイヤ3のスイッチ

以下は、実際のL3スイッチです。

ルーターとL3スイッチの違い

  • ルーターは、WAN接続で使用されることが多い。
    →一般的に、WANで使用する機能がそろっている。
  • L3スイッチは、LAN内で使用されることが多い。
    →一般的に、ポート数が多く高速転送を得意としている。

以下は、実際のルーターです。この製品はネットワーク技術者の勉強用としても売れているみたいです。

デフォルトゲートウェイ

  • 外部のネットワークに通信する時に指定するルータやL3スイッチなどのことです。
    →IPアドレスを指定します。
  • ネットワークの出入り口にあたります。

関連の記事

メールを送受信するプロトコル (SMTP/POP/IMAP)
Webサーバに接続するまでの流れとポート番号
ネットワークのアドレス変換 (NATとNAPT)
DNSの仕組み
MACアドレスを問い合わせるプロトコル (ARP)
インターネットVPNとIP-VPN
使用しているネット環境




△上に戻る