インターネットVPNとIP-VPNの違い

インターネットVPNとIP-VPNの違いについてです。

目次

説明 VPNとは
種類 インターネットVPN
  IP-VPN
  広域イーサネット

VPNとは

VPNは、Virtual Private Networkの略です。仮想専用線とも呼ばれます。

インターネットまたは通信事業者の回線上に、トンネリングや暗号化の技術を用いてプライベートなネットワークを構築します。
専用線よりも費用は安くなります。

使用する回線として、インターネットを使用する「インターネットVPN」と
通信事業者の回線を使用する「IP-VPN」があります。

インターネットVPN

インターネットVPNは、途中の経路はインターネットを使用するので、専用回線を使用するより値段は安くなります。

インターネットVPNの種類として拠点間VPNとリモートアクセスVPNがあります。

1.拠点間VPN

接続する際は、VPN接続機器(ルータ)を使用します。拠点間VPNと呼ばれます。

暗号化は一般的にIPsecやSSLといったプロトコルが使用されます。

以下は、Amazonにある実際のVPNルーターです。

 

2.リモートアクセスVPN

自宅のPCやスマホなどにVPN接続ソフトを入れれば、ルーター(VPN接続機器)にリモート接続できます。
L2TP/IPsecまたはPPTPといったプロトコルが使用されます。ルーターがL2TP/IPsecまたはPPTPに対応している必要があります。

SSL VPNは、基本ブラウザがあればルーター(VPN接続機器)にVPNでリモート接続できます。
暗号化にSSL(TLS)プロトコルを使用します。

以下は、Amazonにある実際のVPNソフトウェア製品です。

IP-VPN

  • 通信事業者の専用回線または閉域網を利用して仮想的なネットワークを構築します。
  • インターネットVPNよりコストはかかりますが安定性や信頼性が高まります。
  • ユーザーの各拠点は、IP-VPN網に接続するイメージです。
  • IP-VPNはレイヤ3のVPNです。
  • 通信事業者の専用の回線を使用しますが、他のユーザも利用しています。共用です。
  • MPLS(Multi Protocol Label Switching)という転送先やユーザの識別を行う技術が使用されています。

以下は、NTTコミュニケーションズのArcstar IP-VPNのリンクです。
http://www.ntt.com/business/services/network/vpn/4vpn/ip-vpn.html

WikipediaのVirtual Private Network

広域イーサネット

  • 通信事業者の専用回線または閉域網を利用して仮想的なネットワークを構築します。
  • IP-VPNとの違いは、LANで使用するイーサネットのインターフェースで接続できることです。
    →広域ネットワークはレイヤ2のVPNです。安価なL2スイッチを使用できます。
    →IP-VPNはレイヤ3のVPNです。
  • ユーザーの各拠点は、広域イーサネット網に接続するイメージです。
  • 通信事業者の専用の回線ですが、他のユーザも利用しています。共用です。
  • 設定の自由度がIP-VPNよりあります。高度な設定ができるので金融業や通信業で使用されます。また通信速度も速いです。
  • EoMPLS(Ethernet over MPLS)という転送先やユーザの識別を行う技術が使用されています。

以下は、NTTコミュニケーションズのIP-VPNと広域イーサネットの違いのリンクです。
https://www.ntt.com/business/services/network/vpn/vpn/vpn01/vpn05.html

Wikipediaの広域イーサネット

関連の記事

メールを送受信するプロトコル (SMTP/POP/IMAP)
ネットワークのアドレス変換 (NATとNAPTの違い)
DNSの仕組みの概要
L2スイッチとL3スイッチとルーターの違い
ARPプロトコル(MACアドレスを取得する)
プロキシサーバとリバースプロキシサーバの違い

△上に戻る