インターネットVPNとIP-VPNと広域イーサネットの違い

インターネットVPNとIP-VPNと広域イーサネットの違いと広域イーサネットの違いについてです。

目次

インターネットVPN

  • VPNは、Virtual Private Networkの略です。
  • 暗号化の技術を用いてインターネット上に仮想的なネットワークを構築します。
  • 暗号化は一般的にIPsecやSSLが使用されます。
  • VPN接続機器(ルータ)でつなぎます。
  • 専用回線を使用するより安価に構築することができます。

以下は、Amazonにある実際のVPNルーターです。

リモートVPN接続

  • 自宅のPCやスマホなどにVPN接続ソフトを入れれば、VPN接続機器にリモート接続できます。
    →一般的にL2TP/IPsecまたはPPTPが使用されます。
  • SSL VPNは、基本ブラウザがあればVPN接続機器にリモート接続できます。暗号化にSSL(TLS)を使用します。

以下は、Amazonにある実際のVPNソフトウェア製品です。

 

IP-VPN

  • 通信事業者の専用回線または閉域網を利用して仮想的なネットワークを構築します。
  • インターネットVPNよりコストはかかりますが安定性や信頼性が高まります。
  • ユーザーの各拠点は、IP-VPN網に接続するイメージです。
  • 通信事業者の専用の回線ですが、他のユーザも利用しています。共用です。
  • MPLS(Multi Protocol Label Switching)という転送技術が使用されます。
    →転送先やユーザの識別を行います。

以下は、NTTコミュニケーションズのArcstar IP-VPNのリンクです。
http://www.ntt.com/business/services/network/vpn/4vpn/ip-vpn.html

WikipediaのVirtual Private Network

 

広域イーサネット

  • 通信事業者の専用回線または閉域網を利用して仮想的なネットワークを構築します。
  • IP-VPNとの違いは、LANで使用するイーサネットのインターフェースで接続できることです。
    →広域ネットワークはレイヤ2のVPNです。
    →IP-VPNはレイヤ3のVPNです。
  • ユーザーの各拠点は、広域イーサネット網に接続するイメージです。
  • 通信事業者の専用の回線ですが、他のユーザも利用しています。共用です。
  • EoMPLS(Ethernet over MPLS)という転送技術が使用されます。
    →転送先やユーザの識別を行います。
  • 設定の自由度がIP-VPNよりあります。

以下は、NTTコミュニケーションズのIP-VPNと広域イーサネットの違いのリンクです。
https://www.ntt.com/business/services/network/vpn/vpn/vpn01/vpn05.html

Wikipediaの広域イーサネット

関連の記事

メールを送受信するプロトコル (SMTP/POP/IMAP)
Webサーバに接続するまでの流れとポート番号
ネットワークのアドレス変換 (NATとNAPTの違い)
DNSの仕組み
L2スイッチとL3スイッチの違い
MACアドレスを取得するプロトコル (ARP)
プロキシサーバとリバースプロキシサーバの違い
使用しているネット環境
セッションを確認する(HTTPリクエストとHTTPレスポンスで確認)
クッキーを確認する(HTTPリクエストとHTTPレスポンスで確認)
「HTTPリクエスト」と「HTTPレスポンス」

△上に戻る