プロキシサーバとリバースプロキシサーバの違い

プロキシサーバとリバースプロキシサーバの違いの違いについてです。

目次

プロキシサーバ (proxy server)

  • プロキシ、代理サーバ、フォワードプロキシともいいます。
  • 一般的に社内ネットワークの出入り口に設置されます。
    →クライアントPCは、使用するプロキシを設定します。
  • PCの代理で外部のWebサーバにアクセスしコンテンツを取得します。
    →個々のPCが外部と直接通信せずにすみます。
  • 外部のWebサーバからは、プロキシサーバのIPアドレスが送信元に見えます。
  • URLフィルタリングをすれば個々のPCから指定したURLへのアクセスを禁止することができます。
  • 取得したコンテンツをプロキシサーバで保管(キャッシュ)します。
    →同じコンテンツを取得するときはキャッシュから取得します。
    →サーバ、ネットワークの負荷を下げ、通信を高速化します。

リバースプロキシサーバ (reverse proxy server)

  • 逆プロキシともいいます。
  • 外部(インターネット等)からのアクセスをWebサーバの代理で受けます。
    →サーバー管理者がリバースプロキシを設定します。
    →DMZに配置することが多いです。
  • ロードバランサ機能で、Webサーバの負荷分散を行います。
  • 画像ファイル等をキャッシュすることにより高速化します。
  • SSL/TLSによるデータの暗号化や復号を行います。
  • ファイアウォール機能で、サーバへの攻撃などを検知し遮断します。

関連の記事

メールを送受信するプロトコル (SMTP/POP/IMAP)
Webサーバに接続するまでの流れとポート番号
ネットワークのアドレス変換 (NATとNAPT)
DNSの仕組み
L2スイッチとL3スイッチの違い
MACアドレスを取得するプロトコル (ARP)
インターネットVPNとIP-VPN
プロキシサーバとリバースプロキシサーバの違い
使用しているネット環境
PHP セッションのサンプル
PHP クッキーのサンプル
「HTTPリクエスト」と「HTTPレスポンス」



△上に戻る