JavaScript セレクタで要素を取得する(querySelector)

JavaScriptのCSSのセレクタで要素を取得するサンプルです。
querySelectorメソッドを使用します。

目次

value値を取得/設定する

サンプルです。
ボタンを押すとquerySelectorメソッドでvalue値の取得と設定を行い、テキストボックス内の文字が変化します。

コード

上記サンプルのコードです。

<input type="text" id="input1" value="赤" maxlength="6">
<input type="button" value="変更" onclick="clickBtn1()">

<script>
function clickBtn1(){
	const qs1 = document.querySelector("#input1");
	const value1 = qs1.value;

	if (value1 == "赤"){
		qs1.value = "青";
	}else{
		qs1.value = "赤";
	}
}
</script>

2行目のボタンを押すと5行目の関数を実行します。
6行目は、querySelectorメソッドで1行目を指定しています。引数は「#input1」でCSSのIDセレクタです。
7行目は、1行目のvalue値を取得しています。
9,11行目は、querySelectorメソッドで1行目のvalueに値を設定しています。

 

子孫セレクタで対象を絞る

サンプルです。
ボタンを押すと、querySelectorメソッドの引数を子孫セレクタにして対象を絞り、下の文字のみ変更します。

コード

上記サンプルのコードです。

<div id="div2">
	<p id="p2a">赤</p>
	<p id="p2b">赤</p>
</div>
<input type="button" value="変更" onclick="clickBtn2()">

<script>
function clickBtn2(){
	const qs1 = document.querySelector("#div2 #p2b");
	const innerHTML1 = qs1.innerHTML;

	if (innerHTML1 == "赤"){
		qs1.innerHTML = "青";
	}else{
		qs1.innerHTML = "赤";
	}
}
</script>

9行目の引数は、セレクタを2つ指定して対象を絞っています。子孫セレクタです。子孫セレクタは、空白区切りにします。
10行目は、innerHTMLで文字を取得しています。
13,15行目は、innerHTMLで3行目に文字を設定しています。

 

querySelector

変数 = document.querySelector(CSSのセレクタ);

関連の記事

CSSの書き方とセレクタの一覧
JavaScript ID属性で取得/設定する(getElementById)
JavaScript タグ単位で取得/設定する(getElementsByTagName)
JavaScript クラス単位で取得/設定する(getElementsByClassName)
JavaScript セレクタで複数の要素を取得する(querySelectorAll)

△上に戻る