JavaScript getElementsByName name属性で取得

JavaScriptのgetElementsByNameのサンプルです。

説明 getElementsByNameとは
使用例 value値を取得/設定する+背景色を変える
  文字列の変更+文字列の表示/非表示

getElementsByNameとは

変数 = document.getElementsByName(name属性の値);

getElementsByNameは、name属性の値を指定してNodeListコレクションを取得するメソッドです。

 

name属性とは?

上記のhtmlの場合、赤字がname属性で、その右にあるのがname属性の値です。

  • name属性・・・name
  • name属性の値・・・text1

 

戻り値

  • getElementsByNameメソッドの戻り値は、NodeList(※)です。
  • 上記例に対してgetElementsByName("text1")とした場合、
    戻りの変数.item(0)とすれば、要素(Element)である
    「<input type="text" name="text1" value="赤" maxlength="5">」を取得できます。
  • get(取得する) + Elements(要素) + By + Name(nameによって)です。
  • 注意ポイントは、Elementsと複数形なので要素を複数取得する場合があります。
  • (※)IEおよびEdge では、 NodeListではなくHTMLCollectionを返します。

 

NodeListのイメージ

NodeListコレクションのイメージです。

 

似ている他のメソッド

ID属性がある場合は、getElementByIdで「NodeList」ではなく「要素」を取得できます。
querySelectorやquerySelectorAllであればCSSのセレクタで「要素」を取得できます。

 

value値を取得/設定する+背景色を変える

ボタンを押すとテキストボックス内の文字(value値)が変化し背景色が変わります。

 

上記サンプルのコードです。

<input type="text" name="text1" value="赤" maxlength="6" />
<input type="button" value="変更" onclick="clickBtn1()" />

<script>
  function clickBtn1() {
    const text1 = document.getElementsByName("text1");

    if (text1[0].value === "赤") {
      text1[0].value = "青";
      text1[0].style.background = "#87CEFA";
    } else {
      text1[0].value = "赤";
      text1[0].style.background = "rgb(250,128,114)";
    }
  }
</script>

2行目のボタンを押すと5行目の関数を実行します。
6行目は、getElementsByNameメソッドです。引数のtext1は、1行目のnameのtext1を指します。NodeListコレクションを取得します。
8行目は、添字を指定してvalue値を判定しています。
9,12行目は、valueに値を設定しています。
10,13行目は、背景色を設定しています。

 

文字列の変更+文字列の表示/非表示

ボタンを押すと1行目の文字列が代わり2行目の文字列が表示と非表示で切り替わります。

テスト

 

上記サンプルのコードです。

<p name="p2">赤</p>
<p name="p3">テスト</p>
<input type="button" value="変更" onclick="clickBtn2()" />

<script>
  function clickBtn2() {
    const p2 = document.getElementsByName("p2");
    const p3 = document.getElementsByName("p3");

    if (p2[0].textContent === "赤") {
      p2[0].textContent = "青";
      p3[0].style.visibility = "hidden"; //非表示
    } else {
      p2[0].textContent = "赤";
      p3[0].style.visibility = "visible"; //表示
    }
  }
</script>

3行目のボタンを押すと6行目の関数を実行します。
7行目は、getElementsByNameメソッドです。引数のp2は、1行目のnameのp2を指します。NodeListコレクションを取得します。
10行目は、添字を指定してtextContentの値を判定しています。
11,14行目は、textContentに値を設定しています。
12,15行目は、文字列の表示と非表示を設定しています。

IEとEdgeは、仕様が異なる点があります。
以下は、MDNのgetElementsByNameメソッドのリンクです。
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/API/Document/getElementsByName

関連の記事

JavaScript getElementsByClassName クラスで取得
JavaScript 属性値を取得/設定/削除する(Attribute)

△上に戻る