Python 数値と文字列の変換のサンプル

Pythonの数値を文字列に変換する、または文字列を数値に変換するサンプルです。

確認環境
・Python 3.7.2

目次

int型の数値を文字列にする

int型の数値を文字列にするサンプルです。

# coding: utf-8

# int型から文字列に変換
a = 100

print(type(a)) #<class 'int'>

b = str(a)

print(type(b)) #<class 'str'>
print(b) #100

6行目は、type関数でデータ型を確認しています。intです。
8行目は、str関数でint型から文字列に変換しています。
10行目は、type関数でデータ型を確認しています。strです。

 

float型の数値を文字列にする

float型の数値を文字列にするサンプルです。

# coding: utf-8

# float型から文字列に変換
a = 100.25

print(type(a)) #<class 'float'>

b = str(a)

print(type(b)) #<class 'str'>
print(b) #100.25

6行目は、type関数でデータ型を確認しています。floatです。
8行目は、str関数でfloat型から文字列に変換しています。
10行目は、type関数でデータ型を確認しています。strです。

 

文字列をint型の数値にする

文字列をint型の数値にするサンプルです。

# coding: utf-8

# 文字列からint型に変換
a = '100'

print(type(a)) #<class 'str'>

b = int(a)

print(type(b)) #<class 'int'>
print(b) #100

6行目は、type関数でデータ型を確認しています。strです。
8行目は、int関数で文字列からint型に変換しています。
10行目は、type関数でデータ型を確認しています。intです。

 

文字列をfloat型の数値にする

文字列をfloat型の数値にするサンプルです。

# coding: utf-8

# 文字列からfloat型に変換
a = '100.25'

print(type(a)) #<class 'str'>

b = float(a)

print(type(b)) #<class 'float'>
print(b) #100.25

6行目は、type関数でデータ型を確認しています。strです。
8行目は、float関数で文字列からfloat型に変換しています。
10行目は、type関数でデータ型を確認しています。floatです。

リンク

以下は、pythonの公式ドキュメントのtype,str,int,float関数のリンクです。
https://docs.python.org/ja/3/library/functions.html#type
https://docs.python.org/ja/3/library/stdtypes.html#str
https://docs.python.org/ja/3/library/functions.html#int
https://docs.python.org/ja/3/library/functions.html#float

関連の記事

Python 計算のサンプル(演算/代入演算子)
Python 進数の変換のサンプル

△上に戻る