PHP if文のサンプル

PHPのif文のサンプルです。

確認環境
・PHP 7.2.8

目次

if文

if (条件){
  処理
} elseif (条件) {
  処理
} else {
  処理
}
  • 条件がtrueの場合、配下のブロック{ }の処理が実行され、if文の処理は終了します。
  • 条件がfalseの場合、配下のブロック{ }の処理は実行されず、その下(else if/else)に進みます。
  • else ifは、1つ以上記述できます。省略可。
  • elseのブロック{ }の処理は、どの条件もtrueでなかったときに実行されます。
  • elseは、1つのみ記述できます。省略可。
  • 以下はPHPのマニュアルのif文のリンクです。
    http://php.net/manual/ja/control-structures.if.php

コード

if文のサンプルです。

<?php
$num = 1;

if ($num === 0) {
    echo "p1";

} elseif ($num === 1) {
    echo "p2"; //p2

} else {
    echo "p3";
}
?>

7行目は、条件式がtrueになります。

ネストの構造

ネストの構造のサンプルです。

<?php
$a = 1;
$b = 1;

if ($a === 1) {
	if($b === 1) {
		echo "p1"; //p1
	}
}
?>

6行目は、if文の中にif文を記述しています。ネストの構造です。入れ子ともいいます。
6,7行目は、trueになり文字列が表示されます。

if文の別の記述方法

if文の別の記述方法です。
HTMLに記述する時などに使われます。

<?php $num = 0;?>

<?php if ($num === 0): ?>
<p>0が入力されました</p><!-- 出力される -->

<?php else: ?>
<p>その他が入力されました</p>

<?php endif; ?>

3~9行目がif文です。
3行目のifと6行目のelseの後ろには、コロン:がついています。
9行目は、endifがあります。if文の終わりが、わかりやすくなっています。
実行すると4行目が表示されます。

 

比較演算子

上記コードの===は比較演算子です。

比較演算子は、2つの値を比べて真偽値(true/false)を返します。
条件を満たしていればtrue,そうでない場合はfalseです。
===は、型も比較してくれます。

比較演算子 説明
a == b aとbの値は等しい
a === b aとbの値は等しい かつ 型も等しい
a != b aとbの値は等しくない
a <> b aとbの値は等しくない
a !== b aとbの値は等しくない または 型が等しくない
a > b aはbより大きい
a >= b aはbより大きい または 等しい
a < b aはbより小さい
a <= b aはbより小さい または 等しい

論理演算子の論理積(&&)

if (左の条件式) && (右の条件式)
  • if文で論理積(&&)を使用する場合、論理積(&&)の左の式と右の式の両方が条件に合致する場合にtrueになります。
  • 論理積の左の式がfalseの場合、右の式は評価されません。これを短絡評価(ショートサーキット評価 : Short-Circuit Evaluation)といいます。
  • 以下はPHPのマニュアルの論理演算子のリンクです。
    http://php.net/manual/ja/language.operators.logical.php
<?php
$a = 2;
$b = 2;

if ($a === 2 && $b === 2){
    echo "p1"; //p1

} else {
    echo "p2";
}
?>

5行目は、左の式と右の式が共にtrueなので、trueになります。

 

論理演算子の論理和(||)

if (左の条件式) || (右の条件式)
  • if文で論理和(||)を使用する場合、論理和(||)の左の式または右の式のどちらかが条件に合致する場合にtrueになります。
  • 論理和の左の式がtrueの場合、右の式は評価されません。これを短絡評価(ショートサーキット評価 : Short-Circuit Evaluation)といいます。
  • 以下はPHPのマニュアルの論理演算子のリンクです。
    http://php.net/manual/ja/language.operators.logical.php
<?php
$a = 1;
$b = 2;

if ($a === 2 || $b === 2){
    echo "p1"; //p1

} else {
    echo "p2";
}
?>

5行目は、左の式はfalseですが右の式がtrueなのでtrueになります。

 

論理積と論理和の演算子の注意点

論理積の演算子は、&&とandの2つがあり、論理和は、||とorの2つがあります。
演算子の優先順位は&&と||の方が高く、andとorは低いです。
そのため、&&、and、||、orを混在して使用しないほうが良いです。
基本は、&&と||を使用します。

以下は、参考のリンクです。
http://php.net/manual/ja/language.operators.precedence.php
https://teratail.com/questions/313

 

論理演算子の否定(!)

if  !(条件式) 
  • 条件式がfalseの場合にtrueになります。
  • 条件式がtrueの場合にfalseになります。
<?php
$a = 1;

if (!($a === 2)) {
    echo "p1"; //p1
}

if (!($a === 1)) {
    echo "p1";
} else {
    echo "p2"; //p2
}
?>

4行目は値の比較でfalseになり、それを否定するのでtrueになります。
8行目は値の比較でtrueになり、それを否定するのでfalseになります。

関連の記事

PHP while文とdo…while文のサンプルのサンプル
PHP 配列の値をループで取得するサンプル(foreach文)
PHP 関数のサンプル
PHP エスケープシーケンスのサンプル

△上に戻る