Java HashSetの使い方のサンプル

JavaのHashSetクラスの使い方のサンプルです。

目次

HashSetクラス

Setインターフェース

  • HashSetクラスはSetインターフェースを実装しています。
  • HashSetクラスをインスタンス化する時、HashSetクラス独自のメソッドを使用しない限り、通常、Setインターフェイス型の変数に代入します。
  • HashSetクラスは、Setインターフェースを実装しているので、Setインターフェイスにあるメソッドを使用できます。
  • 以下はJava8 API仕様のSetインターフェースのリンクです。
    https://docs.oracle.com/javase/jp/8/docs/api/java/util/Set.html

要素を追加する (addメソッド)

8行目は、HashSetクラスをインスタンス化してSetインターフェイス型の変数に代入しています。
→ジェネリクス<>でオブジェクトの中身はStringであると宣言しています。
10-12行目は、addメソッドで要素を追加しています。

package test1;
import java.util.HashSet;
import java.util.Set;

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		
		Set<String> colors = new HashSet<>();
		
		colors.add("赤");
		colors.add("黄");
		colors.add("青");
		
		for (String a : colors) {
			System.out.println(a);//青 赤 黄
		}
	}
 }

要素数を取得する (sizeメソッド)

12行目は、sizeメソッドで要素数を取得しています。

package test1;
import java.util.HashSet;
import java.util.Set;

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		Set<String> colors = new HashSet<>();		
		colors.add("赤");
		colors.add("黄");
		colors.add("青");
		
		System.out.println(colors.size());//3
	}
 }

指定の要素があるかを返す (containsメソッド)

12行目は、containsメソッドで指定の要素があるかを取得しています。
ある場合trueです。

package test1;
import java.util.HashSet;
import java.util.Set;

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		Set<String> colors = new HashSet<>();		
		colors.add("赤");
		colors.add("黄");
		colors.add("青");
		
		System.out.println(colors.contains("黄"));//true
	}
 }

中身が空かを返す (isEmptyメソッド)

12行目は、isEmptyメソッドで中身が空か取得しています。
空の場合trueです。

package test1;
import java.util.HashSet;
import java.util.Set;

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		Set<String> colors = new HashSet<>();		
		colors.add("赤");
		colors.add("黄");
		colors.add("青");
		
		System.out.println(colors.isEmpty());//false
	}
 }

要素を削除する (removeメソッド)

12行目は、removeメソッドで指定の要素を削除しています。

package test1;
import java.util.HashSet;
import java.util.Set;

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		Set<String> colors = new HashSet<>();		
		colors.add("赤");
		colors.add("黄");
		colors.add("青");
		
		colors.remove("黄");
		System.out.println(colors);//[青, 赤]
	}
 }

すべての要素を削除する (clearメソッド)

12行目は、clearメソッドですべての要素を削除しています。

package test1;
import java.util.HashSet;
import java.util.Set;

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		Set<String> colors = new HashSet<>();		
		colors.add("赤");
		colors.add("黄");
		colors.add("青");
		
		colors.clear();
		System.out.println(colors);//[]
	}
 }

セットを連結する (addAllメソッド)

18行目は、addAllメソッドでセットを連結しています。

package test1;
import java.util.HashSet;
import java.util.Set;

public class Test1 {
    public static void main(String[] args) {
        
        Set<String> a1 = new HashSet<>();
        
        a1.add("a");
        a1.add("b");
        
        Set<String> b1 = new HashSet<>();
        
        b1.add("あ");
        b1.add("い");
        
        a1.addAll(b1);
        
        for (String a : a1) {
            System.out.println(a);//a b あ い
        }
    }
 }

メソッドの引数がセットのサンプル

メソッドの引数がセットのサンプルです。
12行目は、呼び出し元のメソッドの引数(実引数)にセットを指定しています。
15行目は、定義されたメソッドの引数(仮引数)にセットがあります。
呼び出し元のメソッドの引数の変数名と定義されたメソッドの引数の変数名は異なっていても使用できます。
17行目は、拡張for文です。

package test1;

import java.util.HashSet;
import java.util.Set;

public class Test1 {
    public static void main(String[] args) {
        
        Set<String> colors = new HashSet<>();
        colors.add("赤");
        colors.add("黄");
        showResult(colors);
    }
    
    private static void showResult(Set<String> c1) {
        
        for (String a : c1) {
            System.out.println(a); // 赤  黄
        }
    }
}

メソッドの戻り値がセットのサンプル

メソッドの戻り値がセットのサンプルです。
9行目は、呼び出し元のメソッドです。戻り値の変数の型がセットになっています。
15行目は、定義されたメソッドです。戻り値の変数の型がセットになっています。

package test1;

import java.util.HashSet;
import java.util.Set;

public class Test1 {
    public static void main(String[] args) {
        
        Set<String> c1 = showResult();
        for (String a : c1) {
            System.out.println(a); // 赤   黄
        }
    }
    
    private static Set<String> showResult() {
        
        Set<String> colors = new HashSet<>();
        colors.add("赤");
        colors.add("黄");
        return colors;
    }
}

関連の記事

Java ArrayListの使い方のサンプル
Java LinkedListの使い方のサンプル
Java HashMapの使い方のサンプル
Java LinkedHashMapの使い方のサンプル
Java TreeMapの使い方のサンプル
Java 配列/コレクションの値をループで取得するサンプル(拡張for文)
Java リストから配列を作成するサンプル(ArrayList)
Java 配列からリストを作成するサンプル(Arraysクラス)
Java 配列からリストを作成するサンプル(Collectionsクラス)



△上に戻る