Java ArrayListの使い方のサンプル

JavaのArrayListクラスの使い方のサンプルです。

目次

ArrayListクラス

  • 配列のように使用できます。
  • 要素の重複は可能です。
  • サイズをあとから動的に変更できます。
  • インデックス値を使用するランダムアクセスは速いです。
  • 要素の挿入や削除は、要素の移動が発生するため遅いです。
  • ArrayListクラスはListインターフェースを実装しています。
  • ArrayListクラスをインスタンス化する時、ArrayListクラス独自のメソッドを使用しない限り、通常Listインターフェイス型の変数に代入します。
  • ArrayListクラスは、Listインターフェースを実装しているので、Listインターフェイスにあるメソッドを使用できます。
  • 以下はJava8 API仕様のArrayListクラスのリンクです。
    https://docs.oracle.com/javase/jp/8/docs/api/java/util/ArrayList.html
  • 以下はJava8 API仕様のListインターフェースのリンクです。
    https://docs.oracle.com/javase/jp/8/docs/api/java/util/List.html

要素を追加する (addメソッド)

10-12行目は、addメソッドで要素を追加しています。
8行目は、ArrayListクラスをインスタンス化してListインターフェイス型の変数に代入しています。
→ジェネリクス<>でオブジェクトの中身はStringであると宣言しています。

package test1;
import java.util.ArrayList;
import java.util.List;

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		
		List<String> colors = new ArrayList<>();
		
		colors.add("赤");
		colors.add("黄");
		colors.add("青");
		
		for (String a : colors) {
			System.out.println(a);//赤 黄 青
		}
	}
 }

要素の位置を指定して要素を取得する (getメソッド)

12行目は、getメソッドで要素の位置を指定して要素を取得しています。
要素の位置は、赤=0、黄=1、青=2です。

package test1;
import java.util.ArrayList;
import java.util.List;

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		List<String> colors = new ArrayList<>();
		colors.add("赤");
		colors.add("黄");
		colors.add("青");
		
		System.out.println(colors.get(1)); //黄
	}
 }

要素の位置を指定して要素を置き換える (setメソッド)

12行目は、setメソッドで要素の位置を指定して要素を置き換えています。
要素の位置は、赤=0、黄=1、青=2です。

package test1;
import java.util.ArrayList;
import java.util.List;

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		List<String> colors = new ArrayList<>();
		colors.add("赤");
		colors.add("黄");
		colors.add("青");
		
		colors.set(1, "紫");
		System.out.println(colors); //[赤, 紫, 青]
	}
 }

要素数を取得する (sizeメソッド)

12行目は、sizeメソッドで要素数を取得しています。

package test1;
import java.util.ArrayList;
import java.util.List;

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		List<String> colors = new ArrayList<>();
		colors.add("赤");
		colors.add("黄");
		colors.add("青");
		
		System.out.println(colors.size()); //3
	}
 }

要素を指定して要素の位置を取得する (indexOfメソッド)

12行目は、indexOfメソッドで要素を指定して要素の位置を取得しています。
要素の位置は、赤=0、黄=1、青=2です。

package test1;
import java.util.ArrayList;
import java.util.List;

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		List<String> colors = new ArrayList<>();
		colors.add("赤");
		colors.add("黄");
		colors.add("青");
		
		System.out.println(colors.indexOf("黄")); //1
	}
 }

指定の要素があるかを返す (containsメソッド)

12行目は、containsメソッドで指定の要素があるかを取得しています。
ある場合trueです。

package test1;
import java.util.ArrayList;
import java.util.List;

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		List<String> colors = new ArrayList<>();
		colors.add("赤");
		colors.add("黄");
		colors.add("青");
		
		System.out.println(colors.contains("青")); //true
	}
 }

中身が空かを返す (isEmptyメソッド)

12行目は、isEmptyメソッドで中身が空か取得しています。
空の場合trueです。

package test1;
import java.util.ArrayList;
import java.util.List;

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		List<String> colors = new ArrayList<>();
		colors.add("赤");
		colors.add("黄");
		colors.add("青");
		
		System.out.println(colors.isEmpty()); //false
	}
 }

要素の位置を指定して要素を削除する (removeメソッド)

12行目は、removeメソッドで要素の位置を指定して要素を削除しています。
要素の位置は、赤=0、黄=1、青=2です。

package test1;
import java.util.ArrayList;
import java.util.List;

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		List<String> colors = new ArrayList<>();
		colors.add("赤");
		colors.add("黄");
		colors.add("青");
		
		colors.remove(0);
		System.out.println(colors); //[黄, 青]
	}
 }

すべての要素を削除する (clearメソッド)

12行目は、clearメソッドですべての要素を削除しています。

package test1;
import java.util.ArrayList;
import java.util.List;

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		List<String> colors = new ArrayList<>();
		colors.add("赤");
		colors.add("黄");
		colors.add("青");
		
		colors.clear();
		System.out.println(colors); //[]
	}
 }

メソッドの引数をリストの変数にするサンプル

メソッドの引数をリストの変数にするサンプルです。
11行目のメソッドを呼ぶ側の引数は、リストの変数(colors)です。
13行目のメソッドの引数には、リストの型と変数(List<String> c1)があります。呼ぶ側の引数の変数名(colors)と呼ばれる側の引数の変数名(c1)は異なっていても使用できます。

package test1;
import java.util.ArrayList;
import java.util.List;

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		List<String> colors = new ArrayList<>();
		colors.add("赤");
		colors.add("黄");

		System.out.println(showResult(colors)); // 赤黄
	}
	private static String showResult(List<String> c1) {
		String q = "";
		for (String a : c1) {
			q = q + a;
		}
		return q;
	}
}

ArrayListの初期容量(サイズ)

ArrayListの要素数の初期容量(サイズ)のデフォルト値は10です。
要素が追加されていくと自動的に拡張されていきます。

初期容量(サイズ)は設定することができます。
以下は初期容量(サイズ)を30とした場合です。

List<String> colors = new ArrayList<>(30);

関連の記事

Java LinkedListの使い方のサンプル
Java HashMapの使い方のサンプル
Java LinkedHashMapの使い方のサンプル
Java TreeMapの使い方のサンプル
Java HashSetの使い方のサンプル
Java 配列からリストを作成するサンプル(Arraysクラス)
Java 配列からリストを作成するサンプル(Collectionsクラス)
Java リストから配列を作成するサンプル(ArrayList)



△上に戻る