Excel IF関数のサンプル

ExcelのIF関数のサンプルです。

目次

IF関数

=IF(条件,"真のとき","偽のとき")
  • 条件が真(true)の場合、真のときの処理が実行されます。
  • 条件が偽(false)の場合、偽のときの処理が実行されます。

コード

IF関数のサンプルです。

=IF(B2>80,"○","☓")   ←C2に入力
=IF(B3>80,"○","☓")  ←C3に入力
=IF(B4>80,"○","☓")  ←C4に入力

上記のIF関数をC列のそれぞれのセルに入力すると、結果は以下のようになります。

 

IF関数でAND条件を使用する

=IF(AND(条件1,条件2),"真のとき","偽のとき")
  • 条件1と条件2が真(true)の場合、真のときが実行されます。AND条件になります。
  • 条件1または条件2が偽(false)の場合、偽のときが実行されます。

コード

IF関数でAND条件を使用するサンプルです。
B列とC列が80より大きいときは○を表示します。

=IF(AND(B2>80,C2>80),"○","☓") ←D2に入力
=IF(AND(B3>80,C3>80),"○","☓") ←D3に入力
=IF(AND(B4>80,C4>80),"○","☓") ←D4に入力

上記のIF関数をD列のそれぞれのセルに入力すると、結果は以下のようになります。

補足

IF関数を入れ子にして以下のように書くこともできます。

=IF(B2>80,IF(C2>80,"○","☓"),"☓")

 

IF関数でOR条件を使用する

=IF(OR(条件1,条件2),"真のとき","偽のとき")
  • 条件1または条件2が真(true)の場合、真のときが実行されます。OR条件になります。
  • 条件1と条件2が偽(false)の場合、偽のときが実行されます。

コード

IF関数でOR条件を使用するサンプルです。
B列 または C列が80より大きいときは○を表示します。

=IF(OR(B2>80,C2>80),"○","☓") ←D2に入力
=IF(OR(B3>80,C3>80),"○","☓") ←D3に入力
=IF(OR(B4>80,C4>80),"○","☓") ←D4に入力

上記のIF関数をD列のそれぞれのセルに入力すると、結果は以下のようになります。

補足

IF関数を入れ子にして以下のように書くこともできます。

=IF(B2>80,"○",IF(C2>80,"○","☓")) 

 

IF関数を入れ子で使う

=IF(条件,"真のとき",IF(条件,"真のとき","偽のとき")
  • 条件が真(true)の場合、真のときの処理が実行されます。
  • 条件が偽(false)の場合、2つめのIF関数の条件で判定され、真のときまたは偽のときの処理が実行されます。

コード

IF関数を入れ子で使うサンプルです。

=IF(B2>80,"○",IF(B2>60,"△","☓")) ←C2に入力
=IF(B3>80,"○",IF(B3>60,"△","☓")) ←C3に入力
=IF(B4>80,"○",IF(B4>60,"△","☓")) ←C4に入力

上記のIF関数をC列のそれぞれのセルに入力すると、結果は以下のようになります。

 

等号と不等号

以下は関数の引数で使用する等号と不等号の例です。

説明
>=100 100以上
<=100 100以下
>100 100より大きい
<100 100より小さい
=100 100である
<>100 100でない

関連の記事

Excel 条件に一致するセルの個数を返す(COUNTIFS関数)
Excel 条件に一致するセルの数値の合計を返す(SUMIFS関数)
Excel 値を検索し一致した行の指定箇所の値を返す(VLOOKUP関数)
Excel 「関数の引数」ダイアログの表示方法と使い方

△上に戻る