Excel 条件に一致するセルの数値の合計を返す(SUMIFS関数)

Excel(エクセル)のSUMIFS関数のサンプルです。
SUMIFS関数は、条件に一致するセルの数値の合計を返します。

目次

一致する文字の行の合計のサンプル

以下の表で、B列の「東京」の行のC列の合計を求めてみます。

 

合計を表示させたいセル(例:C5)をクリックし、SUMIFSの「関数の引数」のダイアログを開きます。
セットする値は以下のとおりです。
※「関数の引数」のダイアログの開き方については以下を参照願います。
Excel 「関数の引数」ダイアログの表示方法と使い方

 

数式は以下になります。
=SUMIFS(C2:C4,B2:B4,"東京")

結果は、200と表示されます。

指定する文字列にワイルドカード*を使用することができます。

上記のサンプルの場合、以下の数式でも同じ結果になります。
=SUMIFS(C2:C4,B2:B4,"東*")
=SUMIFS(C2:C4,B2:B4,"*京")

ある数値より大きい数値の合計のサンプル

以下の表で、C列の「100」より大きい数値の合計を求めてみます。

 

合計を表示させたいセル(例:C5)をクリックし、SUMIFSの「関数の引数」のダイアログを開きます。
セットする値は以下のとおりです。

数式は以下になります。
=SUMIFS(C2:C4,C2:C4,">100")

結果は、120と表示されます。

以下は関数の引数で使用する等号と不等号の例です。

説明
>=100 100以上
<=100 100以下
>100 100より大きい
<100 100より小さい
=100 100である
<>100 100でない

複合条件のサンプル

以下の表で、B列が「東京」でかつC列が「100」より大きい行のC列の合計を求めてみます。

 

合計を表示させたいセル(例:C5)をクリックし、SUMIFSの「関数の引数」のダイアログを開きます。
セットする値は以下のとおりです。

数式は以下になります。
=SUMIFS(C2:C4,B2:B4,"東京",C2:C4,">100")

結果は、120と表示されます。

関連の記事

Excel IF関数のサンプル
Excel 条件に一致するセルの個数を返す(COUNTIFS関数)
Excel 値を検索し一致した行の指定箇所の値を返す(VLOOKUP関数)
Excel 「関数の引数」ダイアログの表示方法と使い方



△上に戻る