CSS 属性セレクタのサンプル(要素名[属性名=”値”])

CSSの属性セレクタのサンプルです。

目次

用語 セレクタとは
  属性と属性値と要素の関係
属性セレクタ 1.要素名[属性名]
  2.要素名[属性名="値"] (指定の属性の値がある)
  3.要素名[属性名~="値"] (どれかひとつに合致する)
  4.要素名[属性名|="値"] (一般的にlang属性で使用)
  5.要素名[属性名^="値"] (指定の属性の値で始まる)
  6.要素名[属性名$="値"] (指定の属性の値で終わる)
  7.要素名[属性名*="値"] (指定の属性の値が含まれている)

セレクタとは

セレクタは、CSSを適用する場所です(どこに)。→IDの"a1"という箇所に
プロパティは、CSSの項目です(なにを)。→文字の色を
値は、プロパティに対する指定です(どれくらい)。→赤色にしろ

属性と属性値と要素の関係

属性と属性値と要素の関係についてです。

以下にテキストボックスのhtmlがあるとします。(input type="text"です)

<input type="text" id="text1" value="赤" maxlength="5">

このとき属性と属性値は、黄色の箇所が属性でその右横にあるのが属性値です。inputは要素です。

要素・・・input
属性・・・type,id,value,maxlength
属性値・・・text,text1,赤,5

1.要素名[属性名]

指定の属性がある要素にCSSを適用します。

<style>
p[class]{
	color:blue;
}
[type]{
	color:red;
}
</style>
<body >
	<p class="p1">あいうえお</p>
	<p class="p1">かきくけこ</p>
	<p><input type="text" id="b1" value="さしすせそ" /></p>
	<p><input type="text" id="b1" value="たちつてと" /></p>
</body>

2行目は、pが要素でclassが属性です。10,11行目を対象にします。
5行目のtype属性のみですが可能です。12,13行目を対象にします。

上記コードの実行イメージです。

2.要素名[属性名="値"] (指定の属性の値がある)

指定の属性の値がある要素にCSSを適用します。

<style>
input[type="button"]{
	color:blue;
}
input[type="text"][name2="a2"]{
	color:red;
}
</style>
<body >
	<p><input type="button" name1="a1" value="テスト1" /></p>
	<p><input type="text" name2="a2" value="テスト2" /></p>
</body>

2行目は、inputが要素でtypeが属性でbuttonが値です。10行目を対象にします。
5行目のように、type属性を2つ続けて指定することも出来ます。

上記コードの実行イメージです。

3.要素名[属性名~="値"] (どれかひとつに合致する)

属性の値が複数ある場合で、指定の属性の値がどれかひとつに合致する要素にCSSを適用します。

<style>
p[class~="p32"]{
	color:blue;
}
p[class="p34"]{
	color:green;
}
</style>
<body >

	<p class="p31 p32 p33">あいうえお</p>
	<p class="p33 p34 p35">あいうえお</p>

</body>

2行目は、属性値の指定が~=となっています。
11行目は3つの値の中にp32があるので対象にします。
5行目は、比較のため、要素名[属性名~="値"]としていません。そのため12行目は値のp34がありますが、対象になりません。12行目の値がp34のみであれば対象になります。

上記コードの実行結果です。

あいうえお

あいうえお

4.要素名[属性名|="値"] (一般的にlang属性で使用)

ハイフン(-)で区切られた属性の値が複数ある場合で、指定の属性の値で始まっている要素にCSSを適用します。一般的にlang属性で使用されます。

<style>
p[lang|="en"] {
	color: red;
}
</style>
<body >

	<p lang="en-us en-gb en-au">テスト41</p>
	<p lang="zh-CN zh-TW">テスト42</p>

</body>

2行目は、属性値の指定が|=となっています。
8行目のlang属性は、指定の値で始まっているのでCSSが適用されます。
9行目のlang属性は、指定の値で始まっていないのでCSSが適用されません。

上記コードの実行結果です。

テスト41

テスト42

5.要素名[属性名^="値"](指定の属性の値で始まる)

指定の属性の値で始まる要素にCSSを適用します。

<style>
input[name^="abc"]{
	 background-color:LightSkyBlue;
}
</style>
<body >

	<input type="text" name="abc123" value="t51" maxlength="5">
	<input type="text" name="xyz123" value="t52" maxlength="5">

</body>

2行目は、属性値の指定が^=となっています。
8行目のname属性は、指定の値で始まっているのでCSSが適用されます。
9行目のname属性は、指定の値で始まっていないのでCSSが適用されません。

上記コードの実行結果です。

6.要素名[属性名$="値"](指定の属性の値で終わる)

指定の属性の値で終わる要素にCSSを適用します。

<style>
input[name$="789"]{
	 background-color:LightSkyBlue;
}
</style>
<body >

	<input type="text" name="xyz789" value="t61" maxlength="5">
	<input type="text" name="xyz123" value="t62" maxlength="5">

</body>

2行目は、属性値の指定が$=となっています。
8行目のname属性は、指定の値で終わっているのでCSSが適用されます。
9行目のname属性は、指定の値で終わっていないのでCSSが適用されません。

上記コードの実行結果です。

7.要素名[属性名*="値"](指定の属性の値が含まれている)

指定の属性の値が含まれている要素にCSSを適用します。

<style>
input[name*="ef"]{
	background-color:LightSkyBlue;
}
</style>
<body >

	<input type="tpt" name="def567" value="t71" maxlength="5">
	<input type="tpt" name="hij345" value="t72" maxlength="5">

</body>

2行目は、属性値の指定が*=となっています。
8行目のname属性は、指定の属性の値が含まれているのでCSSが適用されます。
9行目のname属性は、指定の属性の値が含まれていないのでCSSが適用されません。

上記コードの実行結果です。

リンク

以下はMDNの属性セレクタのリンクです。
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/CSS/Attribute_selectors

関連の記事

CSSの書き方とセレクタの一覧
CSS 子孫/子/隣接/一般兄弟セレクタのサンプル
CSS 複数のセレクタを指定する/絞り込むサンプル
CSS 疑似クラスで要素の状態を指定(visited他)
CSS 疑似クラスで要素の状態を指定(nth-child/not)
CSS 疑似要素で特定部分にCSSを適用(before/after他)

△上に戻る