CSSの書き方/コメントとセレクタの一覧

CSSの書き方とコメントとセレクタの一覧です。

目次

CSS CSSの書き方
  CSSのコメントの書き方
  CSSを記述する場所
セレクタ IDセレクタとクラスセレクタ
  セレクタの一覧

CSSの書き方

CSSを使用すると文字の色や背景色を変えることができます。
CSSの構造は以下のようになっています。

以下は、実際のCSSを使用したコードの例です。

<style>
  #a1 {
    color: red;
  }
</style>

<p id="a1">あいうえお</p>

1行目の<style>から5行目の</style>の間にCSSを記述します。

2行目の#a1がセレクタです。
セレクタは、CSSを適用する場所です(どこに)。→IDの"a1"という箇所に。
#がついているセレクタはIDセレクタといいます。htmlの中にあるIDを指します。

3行目は、プロパティと値です。
プロパティは、CSSの項目です(なにを)。→文字の色を。
値は、プロパティに対する指定です(どうする)。→赤色にする。

7行目は、Pタグの中にid="a1"があります。2行目とひも付きます。
画面を表示すると7行目の「あいうえお」という文字が赤色になります。

 

プロパティが複数の例

上記のサンプルでは、プロパティは1つのみですが、以下のようにプロパティを複数設定することもできます。

<style>
  #a1 {
    color: red;
    font-weight: bold;
    background: LightSkyBlue;
  }
</style>

<p id="a1">あいうえお</p>

3行目は、文字の色は赤を指定しています。
4行目は、文字を太字にしています。
5行目は、背景色は水色にしています。

 

CSSのコメントの書き方

コメントされた箇所は、プログラムの実行に影響を与えません。
コメントは、/* で始まり、 */ で終了します。

<style>
  /* コメントです */
  #p1 {
    color: red;
  }
  /*
	  複数行のコメントです
	*/
</style>
<p id="p1">あいうえお</p>

6~8行目のように複数行のコメントも可能です。

 

CSSを記述する場所

CSSは以下の場所に記述できます。

・外部のファイルにCSSを記述する
・HTML内部でCSSを記述する
・タグ内でCSSを記述する

通常は、外部のファイルに記述します。
CSSを記述する場所のサンプル

IDセレクタとクラスセレクタ

セレクタは、CSSを適用する場所を指定するもので種類があります。

覚えておきたいのは、IDセレクタとクラスセレクタです。

IDセレクタは、1つのhtml文書内で1つだけのユニークなものである必要があります。
クラスセレクタは、1つのhtml文書内に複数設定しても問題ありません

IDセレクタの例です。

<style>
  #a2 {
    color: red;
  }
</style>

<p id="a1">あいうえお</p>
<p id="a2">あいうえお</p>
<p id="a3">あいうえお</p>

2行目は、IDセレクタです。先頭にシャープ(#)がついています。
7~9行目までid=がありますが、id="a2"がある8行目の文字の色が赤になります。

クラスセレクタの例です。

<style>
  .a1 {
    color: red;
  }
</style>

<p class="a1">あいうえお</p>
<p class="a1">あいうえお</p>
<p class="a1">あいうえお</p>

2行目は、クラスセレクタです。先頭にドット(.)がついています。
7~9行目には、それぞれclass="a1"があります。7~9行目の文字の色が赤色になります。

セレクタの一覧

セレクタの一覧です。

セレクタ名 書式 適用する対象
ユニバーサルセレクタ  *(アスタリスク) すべての要素
タイプセレクタ
(要素セレクタ)
 要素名 指定した要素
<h1>や<p>などです。
IDセレクタ  #ID名 ID名が指定されている要素
※ID名はhtml文書内で1つだけにします。
クラスセレクタ  .クラス名 クラス名が指定されている要素
※クラス名は、html文書内の複数の箇所にあっても良いです。
属性セレクタ 要素名[属性名] 指定した属性を持つ要素
要素名[属性名="値"] 指定の属性の値がある要素
要素名[属性名~="値"] 属性の値が複数ある場合で、指定の属性の値がどれかひとつに合致する要素
要素名[属性名|="値"] ハイフン(-)で区切られた属性の値が複数ある場合で、指定の属性の値で始まっている要素
要素名[属性名^="値"] 指定の属性の値で始まる要素
要素名[属性名$="値"] 指定の属性の値で終わる要素
要素名[属性名*="値"] 指定の属性の値が含まれている要素
疑似クラス 要素名:link まだ見ていないページのリンク
要素名:visited すでに見たページへのリンク
要素名:hover マウスカーソルが重なっているとき
要素名:active 要素を選択した時
要素名:focus フォーカスした時
要素名:target 移動先の要素
要素名:lang() lang属性値が指定された言語コードで始まっている要素
要素名:enabled 有効な要素
要素名:disabled 無効な要素
要素名:checked ラジオボタンやチェックボックスが選択されたとき
要素名:indeterminate ラジオボタンやチェックボックスが不確定な状態のとき
要素名:root ルート要素
要素名:first-child 最初の子要素
要素名:last-child 最後の子要素
要素名:nth-child() n番目の子要素
奇数の行にスタイルを適用 (:nth-child(2n+1))
偶数の行にスタイルを適用 (:nth-child(2n))
指定した行にスタイルを適用 (:nth-child (数値))
要素名:nth-last-child() 後ろからn番目の子要素
要素名:only-child 唯一の子要素
要素名:first-of-type 最初の子要素
要素名:last-of-type 最後の子要素
要素名:nth-of-type() n番目の子要素
要素名:nth-last-of-type() 後ろからn番目の子要素
要素名:only-of-type 唯一の子要素
要素名:empty 子要素や要素内容を持たない要素
要素名:not() 指定の条件と一致しない要素
疑似要素 要素名::first-line 最初の1行目
要素名::first-letter 最初の1文字
要素名::before 指定した要素の開始タグの後
要素名::after 指定した要素の終了タグの前
子孫セレクタ セレクタ1 セレクタ2 セレクタ1の子孫のセレクタ2の要素
子セレクタ セレクタ1 > セレクタ2 セレクタ1の子のセレクタ2の要素
兄弟セレクタ セレクタ1  +  セレクタ2 セレクタ1とセレクタ2が同じ親要素を持つ兄弟の要素で、セレクタ1の直後にあるセレクタ2の要素
セレクタ1  ~  セレクタ2 セレクタ1とセレクタ2が同じ親要素を持つ兄弟の要素で、セレクタ1の後にあるセレクタ2の要素

関連の記事

CSSを記述する場所のサンプル
CSS セレクタの優先順位
CSS スタイルの継承のサンプル(inherit)
CSS ボックスモデルの構造
CSS pxとemとremの違い(長さの単位)

△上に戻る