ASP.NETとC# MVCでhello worldを表示

ASP.NETのMVCのWebアプリでhello worldを表示するサンプルです。
言語は、C#です。

確認環境
・Microsoft Visual Studio Community 2019

目次

サンプル プロジェクトを作成する / Web画面を確認
  MVCでhello worldを表示する
  1.コントローラーを追加(MVCのC) / コードを確認
  2.ビューを追加(MVCのV) / Web画面を確認 / ビューのコメント
  3.モデルを追加(MVCのM) / Web画面を確認

プロジェクトを作成する

1.Visual Studioを起動し、「新しいプロジェクトの作成」をクリックします。

または、「ファイル」→「新規作成」→「プロジェクト」をクリックします。

 

2.C#の記載がある「ASP.NET Webアプリケーション(.NET Framework)」を選択し「次へ」を押します。

 

3.プロジェクト名を決めます。
プロジェクト名はasp-test2にしました。「作成」ボタンを押します。

 

4.「MVC」を選択して作成ボタンを押します。
※作成に時間がかかるようです。ボタンを早く押すとうまく行かない場合があります。

 

Web画面を確認

1.画面上部にある「IIS Express(Google Chrome)」をクリックします。

 

2.ブラウザに以下の画面が表示されれば成功です。

URLは、以下でした。ポート番号(44320)は環境によって変わります。
https://localhost:44320/

 

3.Web画面を停止するときは、赤い四角のボタンを押します。

MVCでhello worldを表示する

以下は、MVCの概要図です。

MとはModelのことでロジックを記述します。
Vとは、Viewのことで画面表示の役割です。
Cとは、Controllerのことで画面遷移などを管理します。

1.コントローラーを追加(MVCのC)

1.コントローラーを追加します。
ソリューションエクスプローラーの「Controllers」を右クリックして、「追加」→「コントローラー」をクリックします。

 

2.「MVC5 コントローラー 空」を選択して追加ボタンを押します。

 

3.コントローラー名をつけます。
コントローラ名はTest1Controllerにしました。

コードを確認

コントローラを作成すると以下のコードが生成されます。

using System.Web.Mvc;

namespace asp_test2.Controllers
{
    public class Test1Controller : Controller
    {
        // GET: Test1
        public ActionResult Index()
        {
            return View();
        }
    }
}

5行目のクラス名は、上記で名前をつけたコントローラー名(Test1Controller)になっています。
※1行目にusing System等も生成されますが、このサンプルでは不要のため削除しました。

2.ビューを追加(MVCのV)

1.右にあるソリューションエクスプロラーのViewsフォルダの下のTest1フォルダを右クリックして「追加」→「新しい項目」をクリックします。

 

2.「MVC5 ビューページ(Razor)」を選択し「追加」ボタンを押します。
※ファイル名はIndex.cshtmlにします。

 

3.以下は、自動で生成されたビューです。12行目にHello Worldを追加しました。

@{
    Layout = null;
}
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
    <meta name="viewport" content="width=device-width" />
    <title></title>
</head>
<body>
	<div>
		Hello World
	</div>
</body>
</html>

1~3行目は、デフォルトのレイアウトは無し(nothing)という意味です。

Test1Controller.csのTest1は、Views配下のTest1フォルダと連携しています。
ここが一致していないと動かないので注意してください。

 

Web画面を確認

Web画面を確認します。
1.Index.cshtmlのコードの画面を開き※、画面上部にある「IIS Express(Google Chrome)」をクリックします。

※画面確認時に、cshtmlを開く理由
開始動作の設定が「現在のページ」になっているためです。
プロジェクトを右クリック→プロパティ→「Web」→「開始動作」で確認できます。

 

2.Hello Worldが表示されます。

URLは以下です。ポート番号は環境で変わります。
https://localhost:44320/Test1または
https://localhost:44320/Test1/Index
Test1は、コントローラの名称の左側の部分です。

 

3.確認が完了したら以下の四角のボタンを押して停止します。

 

ビューのコメント

ビューでのコメントの書き方です。

@{
	Layout = null;
}
@*
	コメント1
*@
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
	<meta name="viewport" content="width=device-width" />
	<title></title>
</head>
<body>
	<div>
		Hello World
	</div>
</body>
</html>

4~6行目はコメントです。
コメントの開始は@*で終了は*@です。

3.モデルを追加(MVCのM)

モデルを追加してhello worldを表示するサンプルです。

1.「Models」で「追加」→「新しい項目」をクリックします。
※Web画面が起動している場合は押せません。停止して下さい。

 

2.「Visual C#」→「クラス」をクリックします。
ファイル名は、ActionForm1.csとしました。

 

3.作成したクラスに以下のコードを記述します。

namespace asp_test2.Models
{
	public class ActionForm1
	{
		public string name { get; set; }
	}
}

5行目は、Propertyです。
この変数に値の設定と取得が出来ます。

 

4.コントローラに以下のコードを追記します。

using asp_test2.Models;
using System.Web.Mvc;

namespace asp_test2.Controllers
{
    public class Test1Controller : Controller
    {
        // GET: Test1
        public ActionResult Index()
        {
            return View();
        }
		public ActionResult TestModel()
		{
			var a1 = new ActionForm1();
			a1.name = "こんにちは";
			return View(a1);
		}
	}
}

1行目は、Modelsを指定しています。
13行目は、TestModel()を追加しています。
15行目は、ActionForm1クラスのインスタンスを生成しています。
16行目は、インスタンスの変数に値を設定しています。
17行目は、ビューに連携しています。引数にActionForm1のインスタンスがあります。

モデルと連携したビューを追加する

1.13行目のTestModelのあたりで右クリックし「ビューの追加」をクリックします。

 

2.テンプレートは「Empty」、モデルクラスは、作成した「ActionForm1」を指定し「追加」を押します。レイアウトページの使用のチェックは外しました。

 

3.以下は、生成されたビューです。
13行目に@Model.nameを追加します。ファイル名は、TestModel.cshtmlです。

@model asp_test2.Models.ActionForm1
@{
    Layout = null;
}
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
    <meta name="viewport" content="width=device-width" />
    <title>TestModel</title>
</head>
<body>
	<div>
		@Model.name
	</div>
</body>
</html>

13行目の@Modelは、1行目と紐づきます。

 

Web画面を確認

TestModel.cshtmlを開いた状態で、画面上部にある「IIS Express(Google Chrome)」をクリックすると画面に”こんにちは”と表示されます。

URLは以下です。
https://localhost:44320/Test1/TestModel

関連の記事

ASP.NETとWindows10のIISでhello worldを表示する

△上に戻る