Visual Studio exeファイルを作成する方法

Visual Studioで、コードからexeファイル(実行ファイル)を作成する方法です。

確認環境
・Microsoft Visual Studio Community 2019

目次

作成 exeファイル(実行ファイル)を作成する
  exeファイル起動時に引数を渡す

exeファイル(実行ファイル)を作成する

例として、C#のプログラムのコードからVisual Studioを使用してexeファイルを作成します。

1.以下のコードを記述します。

using System;
class Test1
{
	static void Main()
	{
		string a = "キーを押して下さい";

		Console.WriteLine(a); // キーを押して下さい

		Console.ReadKey(); // ユーザーの入力を待つ
	}
}

 

2.Releaseを選択します。

 

3.ビルドから「ソリューションのリビルド」または「csharp1のリビルド」(プロジェクト単位で出力する場合)を選択してリビルドを行います。

 

4.完了すると出力タブにexeファイルがどこに出力されたか表示されます。

 

5.csharp1.exeファイルと同じフォルダにあるcsharp1.pdbは、プログラム データベース(pdb)ファイルです。
実行するときは不要です。デバッグを行うときに使用します。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/visualstudio/debugger/specify-symbol-dot-pdb-and-source-files-in-the-visual-studio-debugger?view=vs-2019

 

6.実行する

上記手順で作成したcsharp1.exeファイルのみ別の場所へ移動し(移動しなくても可)、ダブルクリックすると上記手順1で作成されたコードが実行され、以下の画面が表示されます。
クリックすると画面が閉じます。

exeファイル起動時に引数を渡す

exeファイル起動時に引数を渡す方法です。

1.以下のコードを記述します。

using System;
class Test1
{
	static void Main()
	{
		string a = "キーを押して下さい";
		Console.WriteLine(a); // キーを押して下さい

		// 引数を配列で取得
		string[] b = System.Environment.GetCommandLineArgs(); 

		// 引数を表示
		foreach (string c in b)
		{
			Console.WriteLine(c);
		}
		Console.ReadKey(); // ユーザーの入力を待つ
	}
}

10行目は、GetCommandLineArgsメソッドで引数を取得し配列にセットします。
13~16行目は、取得した配列を表示します。

2.前項目の手順に従ってexeファイルを作成します。

3.exeファイルを右クリックしてショートカットを作成します。

 

4.ショートカットのプロパティを開いてリンク先に引数にしたい項目を半角スペース区切りで入力します。「こんにちは」と「hello」を入力しました。

 

5.ショートカットをダブルクリックして起動すると設定した引数が表示されます。

関連の記事

Visual Studio デバッグの方法
Visual Studio リファクタリングの方法

△上に戻る