Visual Studio exeファイルを作成する方法

Visual Studioで、コードからexeファイル(実行ファイル)を作成する方法です。

確認環境
・Microsoft Visual Studio Community 2019

目次

作成 exeファイル(実行ファイル)を作成する

exeファイル(実行ファイル)を作成する

例として、C#のプログラムのコードからVisual Studioを使用してexeファイルを作成します。

1.以下のコードを記述します。

using System;
class Test1
{
    static void Main()
    {
        string a = "【テスト】キーを押して下さい";

        Console.WriteLine(a); // 【テスト】キーを押して下さい

        Console.ReadKey();
    }
}

 

2.Releaseを選択します。

 

3.ビルドからソリューションのビルドを選択してビルドを行います。

 

4.完了するとプロジェクトフォルダの下のobjの下のRelase配下にexeファイルが作成されます。
※サンプルでは、csharp1というプロジェクトでした。

csharp1.exeファイルの下にあるcsharp1.pdbは、プログラム データベース(pdb)ファイルです。
実行するときは不要です。デバッグを行うときに使用します。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/visualstudio/debugger/specify-symbol-dot-pdb-and-source-files-in-the-visual-studio-debugger?view=vs-2019

 

5.実行する

上記手順で作成したcsharp1.exeファイルのみ別の場所へ移動し(移動しなくても可)、ダブルクリックすると上記手順1で作成されたコードが実行され、以下の画面が表示されます。
クリックすると画面が閉じます。

関連の記事

Visual Studio デバッグの方法
Visual Studio リファクタリングの方法

△上に戻る