Python if文 条件分岐を行うサンプル

Pythonのif文のサンプルです。条件で処理を分岐する時に使用します。

目次

if文 if文とは / if文のサンプルとpass / ネスト構造 if文の中にif文
  Noneを比較 / リストの値の存在確認 / boolean型の値の判定 / 三項演算子
  比較演算子
論理演算子 論理積(and) AかつB / 論理和(or) AまたはB / 否定(not) Aではない

if文とは

if  条件 :
   処理
# elifとelseを書く場合
if 条件 :
   処理
elif  条件 :
   処理
else:
  処理
  • 条件が合致する場合、配下の処理が実行され、if文の処理は終了します。
  • 条件が合致することをtrue(真)ともいいます。
  • 条件が合致しないことをfalse(偽)ともいいます。
  • 条件が合致しない場合、配下の処理は実行されず、その下(elif/else/if文終了)に進みます。
  • 処理で何もしない場合はpassを指定します。
  • elifは、1つ以上記述できます。省略可能です。
  • elseの配下の処理は、どの条件も合致しなかったときに実行されます。elseは1つのみ記述できます。省略可能です。
  • 以下はPythonの公式ドキュメントのif文のリンクです。
    https://docs.python.jp/3/reference/compound_stmts.html?highlight=if#the-if-statement

if文のサンプルとpass

# coding: utf-8
a = 1

if a == 0:
    print("0")

elif a == 1:
    print("1")  # 1が出力される

else:
    pass

4行目からif文が始まります。条件(a==0)のあとにコロン(:)をつけます。
7行目のif文はtrueになるのでその配下の処理が実行されます。
8行目の処理が実行されif文を抜けます。

11行目のpassは何もしないときに必要です。ない場合エラーになります。

ネスト構造  if文の中にif文

# coding: utf-8
a = 1
b = 1

if a == 1:
	if b == 1:
		print("1") # 1が出力される
else:
	pass

6行目は、if文の中にif文を記述しています。ネストの構造です。入れ子ともいいます。

Noneを比較

Noneは、is Noneまたはis not Noneで比較します。

# coding: utf-8
a = None

if a is None:
	print("true") # trueが出力される

if a is not None:
	print("true") #
else:
	print("false") # falseが出力される

 

リストの値の存在確認

ifin リスト

ifとinでリストの値の存在確認ができます。

# coding: utf-8

list1 = ["赤","黄","青"]

if "黄" in list1:
	print("true") # trueが表示される

if "オレンジ" in list1:
	print("true")
else:
	print("false") # falseが表示される

 

boolean型の値の判定

boolean型の値の判定をするとき、比較演算子はなくても判定できます。

# coding: utf-8

a = True
if a:
    print("true")  # trueが表示される

b = False
if b:
    print("true")
else:
    print("false")  # falseが表示される

 

比較演算子

比較演算子は、2つの値を比べて条件を満たしていればtrue,そうでない場合はfalseを返します。

比較演算子 説明
a == b aとbの値は等しい
a != b aとbの値は等しくない
a > b aはbより大きい
a >= b aはbより大きい または 等しい
a < b aはbより小さい
a <= b aはbより小さい または 等しい

 

論理積(and)  AかつB

if (左の式) and (右の式)
  • 左の式と右の式が両方ともtrueの場合、trueになります。それ以外はfalseです。
  • 論理演算子はブール演算子とも呼ばれます。
  • 左の式がfalseの場合、右の式は判定(評価)されません。これを短絡評価(ショートサーキット評価 : Short-Circuit Evaluation)といいます。
# coding: utf-8
a = 2
b = 2

if (a == 2) and (b == 2):
	print("true") # trueが出力される
else:
	print("false")

if a == 2 == b:
	print("true") # trueが出力される
else:
	print("false")

5行目は、左の式と右の式が共にtrueなので、trueになります。
10行目は、5行目と同じ意味になります。

論理和(or)  AまたはB

if (左の式) or (右の式)
  • 左の式または右の式のどちらかがtrueの場合、trueになります。
  • 論理演算子はブール演算子とも呼ばれます。
  • 左の式がtrueの場合、右の式は判定(評価)されません。これを短絡評価(ショートサーキット評価 : Short-Circuit Evaluation)といいます。
# coding: utf-8
a = 1
b = 2

if (a == 2) or (b == 2):
	print("true")  # trueが出力される
else:
	print("false")

5行目は、左の式はfalseですが右の式がtrueなのでtrueになります。

否定(not)  Aではない

if  (not 条件式) 
  • 条件式がfalseの場合にtrueになります。
  • 条件式がtrueの場合にfalseになります。
# coding: utf-8
a = 1

if (not a == 2):
	print("true") # trueが出力される

if (not a == 1):
	print("true")
else:
	print("false") # falseが出力される

if (a != 2):
    print("true") # trueが出力される

4行目は値の比較でfalseになり、それを否定するのでtrueになります。
7行目は値の比較でtrueになり、それを否定するのでfalseになります。
12行目は、比較演算子の否定の!=です。

三項演算子

変数 = 値1 if 条件式 else 値2
  • 条件式がtrueのとき、値1を返します。
  • 条件式がfalseのとき、値2を返します。
# coding: utf-8

a = 1

b = "true" if a == 0 else "false"
print(b) # trueが出力される

if a == 0:
	print("true")
else:
	print("false") # falseが出力される

5行目は、三項演算子です。
5,6行目をif文で書くと、8~11行目のようになります。

関連の記事

Python for文 処理を繰り返す(break/continue)
Python while文とdo…while文にあたる書き方

△上に戻る