PostgreSQL psqlを使用するサンプル(Windows)

WindowsでPostgreSQLのpsqlを使用するサンプルです。

確認環境
・Windows 10
・PostgreSQL 11.2

目次

1.psqlでPostgreSQLに接続する

1.スタートメニューから「psql」を起動します。

 

2.psqlが起動したら、サーバー、データベース、ポート、ユーザ名、クライアントのエンコーディング、パスワードを入力します。
接続に成功すると「データベース名=#」と表示されます。

Server [localhost]: localhost
Database [postgres]: testdb10
Port [5432]: 5432
Username [postgres]: postgres
Client Encoding [SJIS]: SJIS
ユーザ postgres のパスワード:
psql (11.2)
"help" でヘルプを表示します。

testdb10=#

10行目は、接続に成功してコマンド待ちの状態です。

 

2.データベースの情報を確認する

psqlでデータベースの情報を表示する場合は、\lコマンドを入力します。

testdb10=# \l
                                             データベース一覧
   名前    |  所有者  | エンコーディング |      照合順序      | Ctype(変換演算子)  |     アクセス権限
-----------+----------+------------------+--------------------+--------------------+-----------------------
 postgres  | postgres | UTF8             | Japanese_Japan.932 | Japanese_Japan.932 |
 template0 | postgres | UTF8             | Japanese_Japan.932 | Japanese_Japan.932 | =c/postgres          +
           |          |                  |                    |                    | postgres=CTc/postgres
 template1 | postgres | UTF8             | Japanese_Japan.932 | Japanese_Japan.932 | =c/postgres          +
           |          |                  |                    |                    | postgres=CTc/postgres
 testdb10  | postgres | UTF8             | Japanese_Japan.932 | Japanese_Japan.932 |
(4 行)

データベース一覧の列名として、名前、所有者、エンコーディング、照合順序、変換演算子、アクセス権限があります。

 

3.psqlでテーブルの情報を確認する

psqlでテーブルの一覧を表示する場合は、\dt;を入力します。

testdb10=# \dt;
            リレーション一覧
 スキーマ | 名前  |    型    |  所有者
----------+-------+----------+----------
 public   | syain | テーブル | postgres
(1 行)

リレーション一覧の列名として、スキーマ、名前、型、所有者があります。

 

psqlで個別のテーブルの情報を表示する場合は、\d テーブル名;を入力します。

testdb10=# \d syain;
                        テーブル "public.syain"
   列   |          型           | 照合順序 | Null 値を許容 | デフォルト
--------+-----------------------+----------+---------------+------------
 id     | integer               |          | not null      |
 name   | character varying(20) |          |               |
 romaji | character varying(20) |          |               |
インデックス:
    "syain_pkey" PRIMARY KEY, btree (id)

テーブルの列名として列、型、照合順序、Null値を許容、デフォルトがあります。

 

4.selectを実行する

psqlでselect文でテーブルを検索するサンプルです。

testdb10=# select * from syain;
 id | name | romaji
----+------+--------
  2 | 田中 | tanaka
  3 | 佐藤 | sato
  1 | 鈴木 | suzuki
(3 行)

 

5.検索結果をテキストに出力する

psqlで検索結果をテキストに出力する場合は、\o ファイル名を入力します。\qで終了します。

testdb10=# \o test5.txt
testdb10=# select * from syain;
testdb10=# \q

テキストファイルには以下のように出力されます。

 id | name | romaji 
----+------+--------
  2 | 田中 | tanaka
  3 | 佐藤 | sato
  1 | 鈴木 | suzuki
(3 行)

E:\Program Files\PostgreSQL\11\scripts配下にファイルが出力されました。

6.psqlを終了する

\qと入力するとpsqlが閉じます。

以下は、postgresqlのpsqlのコマンドのリンクです。
https://www.postgresql.jp/document/9.1/html/app-psql.html

関連の記事

PostgreSQLをインストールする手順(Windows)
PostgreSQL pgAdmin 4の使い方(起動からデータ参照)

△上に戻る