PostgreSQL pgAdmin 4の使い方(起動からデータ参照)

PostgreSQLのpgAdmin 4の使い方、操作の説明です。

確認環境
・Windows 10
・PostgreSQL 11.2
・Google Chrome

目次

1.pgAdmin 4を起動する

1.スタートメニューから「pgAdmin4」をクリックして起動します。

※使用するにはPostgreSQLのサービスが起動している必要があります。
pgAdmin4は、PostgreSQLをインストールするときに付いてきます。
PostgreSQLをインストールする手順(Windows)

2.サーバーを作成する

サーバーを作成します。

1.「Servers」を右クリックして「Create」→「Server」をクリックします。

 

2.「Name」にサーバー名を入力し、作成するサーバーが所属するサーバーグループ「Server group」を選択します。完了後、「Connection」タブをクリックします。

 

3.「Host name/address」はローカルPCのPostgreSQLを指定するため127.0.0.1を指定しました。関係のないアドレスを入力するとエラーになります。
「Password」には、サーバーに接続する際のパスワードを入力します。
「Save password」にチェックを入れるとこのサーバーに再接続した時にパスワードを手入力せずに接続できます。「Save」ボタンを押します。

 

4.Serversグループの下に、サーバーが作成されました。

 

サーバーを切断する

サーバーを切断する方法です。

1.サーバーを右クリックし、「Disconnect Server」をクリックします。

 

2.確認のダイアログが表示されるのでOKを押します。

 

3.サーバーが切断されると図のように赤のばつ印が表示されます。

 

サーバーに接続する

サーバーに接続する方法です。

1.サーバーを右クリックし、「Connect Server」をクリックすると接続できます。

 

3.データベースを作成する

データベースを作成する方法です。

1.サーバーを右クリックして「Create」→「Database」をクリックします。

 

2.「Database」にデータベース名を入力し、Saveボタンを押します。

 

3.データベースが作成されました。

 

4.テーブルを作成する

テーブルを作成する方法です。

1.「データベース」→「Schemas」→「Tables」までクリックして展開します。

 

2.「Tables」を右クリックして「Create」→「Table」をクリックします。

 

3.①の箇所でテーブル名を入力します。完了後、「Columns」の②を押します。

 

3.下図の赤枠のプラスの記号をクリックするとデータを入力できるようになります。

 

4.下図のように3つの項目を作成しました。PKを設定するため画面左の赤枠のアイコンをクリックします。

 

5.下図の赤枠の「Primary key?」の箇所を変更してPKにします。完了後、Saveボタンを押します。

 

6.テーブルが作成されました。

 

5.テーブルにデータを入力する

テーブルにデータを入力する方法です。

1.テーブルを右クリックし、「View/Edit Data」→「All Rows」をクリックします。

 

2.下図の赤枠の箇所にデータを入力していきます。

 

3.下図の①で3件のデータを入力しました。
データ入力完了後、②の箇所のボタンを押すとデータが保存されます。
Select文を実行すると登録したデータが表示されます。

※新しいバージョンでは、以下のアイコン(Save Data Changes)をクリックします。

 

6.テーブルのデータを見る

テーブルのデータを見る場合は、テーブルを選択して「View/Edit Data」→「All Rows」をクリックします。

 

7.テーブルのデータの並び順を変える

1.テーブルを選択して「View/Edit Data」→「All Rows」をクリックします。

 

2.フィルタのアイコンをクリックし、「Sort/Filter」をクリックします。

 

3.プラスマーク「+」をクリックし、「Column」にorder by句に指定する項目を入力します。「Order」はASCとDESCを選択できます。

項目を削除する場合は、左端のゴミ箱のアイコンをクリックします。

※OKボタン押下時に「can't execute an empty query」のエラーが出る場合は、SQL Filter欄になにか文字を入力して削除した後にOKを押すと実行できました。

 

8.テーブルのデータに条件を指定する(where)

1.テーブルを選択して「View/Edit Data」→「All Rows」をクリックします。

 

2.フィルタのアイコンをクリックし、「Sort/Filter」をクリックします。

 

3.SQL Filterの欄に条件を入力してOKボタンを押します。

9.データ行を削除する

1.テーブルを表示し削除したい行を選択します。

 

2.画面上部にあるゴミ箱のアイコン(写真右側)をクリックし、実行するアイコン(写真左側)をクリックすると削除されます。

関連の記事

PostgreSQLをインストールする手順(Windows)
SQL INSERT文のサンプル
SQL UPDATE文とDELETE文のサンプル
SQL 重複行を表示しないサンプル(distinct)
SQL 複数の行をまとめる(集約関数/group by/having)

△上に戻る