PHP MySQLへ接続してselectするサンプル

PHPでXAMPPのMySQL(MariaDB)へ接続してデータを取得するサンプルです。
select文を使用します。

確認環境
・PHP 7.1.8
・XAMPP 7.1.8
・Windows 10

目次

XAMPPの環境

XAMPPのMySQLを使用します。
XAMPPのインストール方法はこちらを御覧ください。
ローカルにPHPが動く環境を作る手順(XAMPP)

データベースとテーブルの作成

1.XAMMPのMySQLにデータベース、テーブルを作成しておく必要があります。
作成方法はこちらを御覧ください。
XAMPPのphpMyAdminでDB作成からデータ取得までのサンプル

2.以下のテーブルのデータを取得します。テーブル名は「fish」です。

サンプルコード

サンプルのコードです。

<?php
// DB接続情報
$dsn = 'mysql:host=localhost;dbname=testphp;charset=utf8mb4';
$username = 'root';
$password = '';

// try-catch
try{
	// データベースへの接続を表すPDOインスタンスを生成
	$pdo = new PDO($dsn,$username,$password);

	// SQL文
	$sql = 'select * from fish';

	// データを取得
	$stmt = $pdo->query($sql);
	$stmt -> execute();

	// 1行ずつ取得
	while($rec = $stmt->fetch(PDO::FETCH_ASSOC)){

		// テーブルの項目名を指定して値を表示
		print htmlspecialchars($rec['id']);
		print htmlspecialchars($rec['name']);
		print htmlspecialchars($rec['romaji']);
		print '<br />';
	}
	// 接続を閉じる
	$pdo = null;
}catch (PDOException $e) {
	// UTF8に文字エンコーディングを変換します
	echo mb_convert_encoding($e->getMessage(),'UTF-8','SJIS-win');
	die();
}
?>

以下はPHPマニュアルのPDOの接続、および接続の管理のリンクです。
http://php.net/manual/ja/pdo.connections.php

以下はPHPマニュアルのPDO::queryのリンクです。
http://php.net/manual/ja/pdo.query.php

以下はPHPマニュアルのPDOStatement::fetchのリンクです。
http://php.net/manual/ja/pdostatement.fetch.php

結果

上記コードを実行した結果です。データを取得しています。

例外発生時

MySQLを起動せずに上記コードを実施した場合は、36行目のcatchのロジックが実行され、以下のエラーメッセージが表示されます。

SQLSTATE[HY000] [2002] 対象のコンピューターによって拒否されたため、接続できませんでした。

try-catchを記述しなかった場合は、以下のエラーメッセージが表示されます。

Fatal error: in D:\xampp\htdocs\testPHP\index.php on line 17

以下はPHPマニュアルのmb_convert_encodingのリンクです。
http://php.net/manual/ja/function.mb-convert-encoding.php

 

プレースホルダを使用する

上記コードを修正してプレースホルダを使用するサンプルです。

プレースホルダ

  • SQL文中の(?)がプレースホルダです。
  • SQL文中の(:名称)が名前付きプレースホルダです。
  • 動的に値をセットできます。
  • 入力される不正な文字を抑止できるのでSQLインジェクション対策になります。
  • 固定文字列のSQLの部分がプリコンパイルされるので実行速度が上がります。

サンプル

15行目は、名前付きプレースホルダを使用したSQLです。(:名称)の箇所が名前付きプレースホルダです。
20行目は、7行目の変数を15行目のプレースホルダにバインドしています。

<?php
// DB接続情報
$dsn = 'mysql:host=localhost;dbname=testphp;charset=utf8mb4';
$username = 'root';
$password = '';

$id = 3; //プレースホルダの値を指定

// try-catch
try{
	// データベースへの接続を表すPDOインスタンスを生成
	$pdo = new PDO($dsn,$username,$password);

	// SQL文 :idは、名前付きプレースホルダ
	$sql = "select * from fish where id = :id";

	// データを取得
	$stmt = $pdo->prepare($sql);
	// プレースホルダと変数をバインド
	$stmt -> bindParam(":id",$id);
	$stmt -> execute();

	// 1行ずつ取得
	while($rec = $stmt->fetch(PDO::FETCH_ASSOC)){

		// テーブルの項目名を指定して値を表示
		print htmlspecialchars($rec['id']);
		print htmlspecialchars($rec['name']);
		print htmlspecialchars($rec['romaji']);
		print '<br />';
	}
	// 接続を閉じる
	$pdo = null;
}catch (PDOException $e) {
	// UTF8に文字エンコーディングを変換します
	echo mb_convert_encoding($e->getMessage(),'UTF-8','SJIS-win');
	die();
}
?>

結果は、「3 まぐろ maguro」が出力されます。

関連の記事

PHP フォームからMySQLへ接続してselectするサンプル
PHP MySQLへ接続してinsert/update/deleteするサンプル
ローカルにPHPが動く環境を作る手順(XAMPP)
PHP フォームの値をsubmitするサンプル
XAMPPのphpMyAdminでDB作成からデータ取得までのサンプル



△上に戻る