Java if文 条件分岐を行うサンプル

目次

if文とは

if文の構造とサンプル

if (条件){
   処理
}

条件がtrueの時のみ処理します。falseでは処理しません。

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		int a = 1;

		if (a == 1) {
			System.out.println("test1"); //test1が出力される
		}
	}
}

point

・条件が合致することをtrue(真)といいます。
・条件が合致しないことをfalse(偽)といいます。
・条件が合致する場合、配下のブロック{ }の処理が実行され、if文の処理は終了します。
・条件が合致しない場合、配下のブロック{ }の処理は実行されず、if文の処理は終了します。
・5行目の==は比較演算子です。
・String型の値を比較するときは、比較演算子の==ではなくequalsメソッド(String型の値の比較)を使用します。

 

ifとelseの構造とサンプル

if (条件){
   処理1
}else{
   処理2
}

条件がtrueの時は、trueの処理をします。falseの時は、falseの処理をします。

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		int a = 2;

		if (a == 1) {
			System.out.println("test1");
		}else {
			System.out.println("test2"); //test2が出力される
		}
	}
}

 

ifとelse ifとelseの構造とサンプル

if (条件1){
   処理1
} else if (条件2) {
   処理2
} else {
  処理3
}

複数の条件で処理を分けたい場合に使用します。elseは条件にあてはまらない場合に処理されます。

public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		int a = 2;

		if (a == 1) {
			System.out.println("test1");
		} else if (a == 2) {
			System.out.println("test2"); // test2が出力される
		} else {
			System.out.println("other");
		}
	}
}

point

・else ifは、1つ以上記述できます。
・elseは、1つのみ記述できます。または省略可能です。

 

if文の中にif文がある構造とサンプル

if (条件1){
  if (条件2){
   処理
  }
}

if文の中にif文の記述は可能です。

  int a = 1;
  int b = 1;

  if (a == 1) {
    if (b == 1) {
      System.out.println("1");//1が表示される
    }
  } 

point

・ネストの構造、入れ子ともいいます。

 

比較演算子

演算子 説明
a == b aとbの値は等しい
a != b aとbの値は等しくない
a > b aはbより大きい、大なり
a >= b aはbより大きい または 等しい、大なりイコール
a < b aはbより小さい 小なり
a <= b aはbより小さい または 等しい、小なりイコール

Javaはイコール3つ(===)の演算子はありません。

 

論理積(&&)  AかつB

  int a = 2;
  int b = 2;

  if ((a == 2) && (b == 2)) {
    System.out.println("true"); //trueが表示される
  } else {
    System.out.println("false");
  }

4行目は、左の式と右の式が共にtrueなので、trueになります。

point

if (左の条件式) && (右の条件式)
  • 左の式と右の式が両方ともtrueの場合、trueになります。それ以外はfalseです。
  • 左の式がfalseの場合、右の式は判定(評価)されません。これを短絡評価(ショートサーキット評価 : Short-Circuit Evaluation)といいます。
  • Javaに「and」の論理演算子はありません。

 

論理和(||)  AまたはB

  int a = 1;
  int b = 2;

  if ((a == 2) || (b == 2)) {
    System.out.println("true"); // trueが表示される
  } else {
    System.out.println("false");
  }

4行目は、左の式はfalseですが右の式がtrueなのでtrueになります。

point

if (左の条件式) || (右の条件式)
  • 左の式または右の式のどちらかがtrueの場合、trueになります。
  • 左の式がtrueの場合、右の式は判定(評価)されません。これを短絡評価(ショートサーキット評価 : Short-Circuit Evaluation)といいます。
  • Javaに「or」の論理演算子はありません。

 

否定(!)  Aではない

  int a = 1;

  if (!(a == 2)) { 
    System.out.println("true");//trueが表示される
  }
		
  if (!(a == 1)) {
    System.out.println("true");
  }else {
    System.out.println("false");//falseが表示される
  }

3行目は値の比較でfalseになり、それを否定するのでtrueになります。
7行目は値の比較でtrueになり、それを否定するのでfalseになります。

point

if  !(条件式) 
  • 条件式がfalseの場合にtrueになります。
  • 条件式がtrueの場合にfalseになります。

 

排他的論理和(^)

  int a = 2;
  int b = 2;

  if ((a == 2) ^ (b == 3)) {
    System.out.println("true"); // trueが表示される
  } else {
    System.out.println("false");
  }
		
  if ((a == 3) ^ (b == 2)) {
    System.out.println("true"); // trueが表示される
  } else {
    System.out.println("false");
  }
		
  if ((a == 2) ^ (b == 2)) {
    System.out.println("true");
  } else {
    System.out.println("false"); //falseが表示される
  }
		
  if ((a == 3) ^ (b == 3)) {
    System.out.println("true");
  } else {
    System.out.println("false"); //falseが表示される
  }

4行目は、左の式がtrueで右の式がfalseなので、trueになります。
10行目は、左の式がfalseで右の式がtrueなので、trueになります。
16行目は、左の式と右の式が両方ともtrueなので、falseになります。
22行目は、左の式と右の式が両方ともfalseなので、falseになります。

point

if (左の条件式) ^ (右の条件式)
  • 左の式がtrueで右の式がfalseの場合、trueになります。
  • 左の式がfalseで右の式がtrueの場合、trueになります。
  • 左の式と右の式が両方ともtrueの場合、falseになります。
  • 左の式と右の式が両方ともfalseの場合、falseになります。

 

String型の値の比較

	  String str1 = "red";
	  String str2 = "red";
	  // 文字列の比較
	  if (str1.equals(str2)) {
	    System.out.println("true"); //trueが表示される
	  }
	  
	  String str3 = "red";
	  String str4 = "blue";
	  // 文字列の比較 (否定)
	  if (!(str3.equals(str4))) {
	    System.out.println("true"); //trueが表示される
	  }

==は値ではなく参照先が同じかを確認します。
ビックリマーク(!)をつけると否定になります。

point

String型の値を比較するときは、比較演算子の==ではなくequalsメソッドを使用します。

 

nullと空文字を比較

  String a = null;
  //String a = ""; //空文字

  if (a == null) {
    System.out.println("true"); //trueが表示される
  }
		
  if (a == null || a.isEmpty()) {
    System.out.println("true"); //trueが表示される
  }

8行目は、値がnullまたは空文字のときにtrueになります。論理和(||)の短絡評価を使用した書き方で、左の式(a==null)がtrueであれば右の式(a.isEmpty())は判定されません。

point

nullは、比較演算子の==で比較できます。

Java equalsでnullまたは空文字を比較するサンプル
Java isEmpty 空文字を確認する(StringUtils)

 

boolean型の値の判定

  boolean a = true;
  if (a) {
    System.out.println("true"); //trueが表示される
  }
		
  boolean b = false;
  if (b) {
    System.out.println("true");
  }else {
    System.out.println("false");//falseが表示される
  }

point

boolean型の値の判定をするとき、比較演算子はなくても判定できます。

 

三項演算子

  int a = 1;
    
  // 三項演算子
  String b = a==0 ? "true" : "false";
  System.out.println(b); //falseが表示される

  if (a == 0) {
    System.out.println("true");
  } else {
    System.out.println("false"); // falseが表示される
  }

4行目は、三項演算子です。
4,5行目をif文で書くと、7~11行目のようになります。

point

変数 = 条件式  ?  値1 : 値2
  • 条件式がtrueのとき、値1を返します。
  • 条件式がfalseのとき、値2を返します。

関連の記事

Java switch文 条件分岐を行うサンプル
Java equalsでnullまたは空文字を比較するサンプル

△上に戻る