Java 予約語の一覧

Javaの予約語の一覧です。

予約語は変数名やクラス名で使用することはできません。

No. 予約語 説明
1 abstract 修飾子。
2 assert アサーションで使用。
3 boolean データ型。真偽(trur/false)。
4 break 制御文で使用。
5 byte データ型。整数。
6 case 制御文で使用。
7 catch 例外処理で使用。
8 char データ型。文字。
9 class クラスで使用。
10 const 使用されていない。
11 continue 制御文で使用。
12 default 制御文で使用。インターフェースのメソッドで使用。
13 do 制御文で使用。
14 double データ型。浮動小数点。
15 else 制御文で使用。
16 enum 列挙型で使用。
17 extends クラス関連。
18 final 修飾子。
19 finally 例外処理で使用。
20 float データ型。浮動小数点。
21 for 制御文で使用。
22 if 制御文で使用。
23 goto 使用されていない。
24 implements クラス関連。
25 import クラス関連。
26 instanceof 演算子。
27 int データ型。整数。
28 interface インターフェース。
29 long データ型。整数。
30 native 修飾子。
31 new クラス関連。
32 package クラス関連。
33 private アクセス修飾子。
34 protected アクセス修飾子。
35 public アクセス修飾子。
36 return 制御文で使用。
37 short データ型。整数。
38 static 修飾子。
39 strictfp 修飾子。
40 super クラス関連。
41 switch 制御文で使用。
42 synchronized 修飾子。
43 this クラス関連。
44 throw 例外処理で使用。
45 throws 例外処理で使用。
46 transient 修飾子。
47 try 例外処理で使用。
48 void メソッドの戻り値なし。
49 volatile 修飾子。
50 while 制御文で使用。

以下は、Oracle Javaの予約語のリンクです。
https://docs.oracle.com/javase/specs/jls/se11/html/jls-3.html#jls-3.9

関連の記事

Java アクセス修飾子(public/protected/なし/private)
Java データ型とは(基本型と参照型)

△上に戻る