Go言語 計算のサンプル(a += 3やa++)

Go言語の計算のサンプルです。

目次

サンプル 数値の演算
  代入演算子
  インクリメント(++)
  デクリメント(--)
  偶数か奇数か判定する

数値の演算

数値の演算のサンプルです。

package main

import "fmt"

func main() {
	//足し算
	fmt.Println(6 + 3) //9

	//引き算
	fmt.Println(6 - 3) //3

	//掛け算
	fmt.Println(6 * 3) //18

	//割り算
	fmt.Println(6 / 3) //2

	//割り算の余りがある場合
	fmt.Println(5 / 3) //1

	//余りを求める
	fmt.Println(5 % 3) //2
}

22行目の%は、割り算の余りを求めます。

小数点同士の計算

fmt.Println(0.1 * 0.1) //0.01

0.1*0.1は、0.01になります。
※JavaScriptでは、誤差が発生します。

べき乗

べき乗は、mathパッケージが必要です。

package main
import (
	"fmt"
	"math"
)
func main(){
	//べき乗
	fmt.Println(math.Pow(2, 4)) //16
}

8行目は、べき乗です。1 つ目の数値を 2 つ目の数値でべき乗します(2*2*2*2=16)。

 

代入演算子

計算がある代入演算子のサンプルです。
計算した後に変数に代入します。

package main
import "fmt"

func main() {
	a := 6
	a += 3         // a = a + 3
	fmt.Println(a) // 9

	b := 6
	b -= 3         // b = b -3
	fmt.Println(b) // 3

	c := 6
	c *= 3         // c = c * 3
	fmt.Println(c) // 18

	d := 6
	d /= 3         // d = d / 3
	fmt.Println(d) // 2

	e := 5
	e %= 3         // e = e % 3
	fmt.Println(e) // 2
}

23行目の%は、割り算の余りを求めます。

 

インクリメント

インクリメントのサンプルです。
演算子を後ろに配置します。JavaScriptのように前には配置できません。

package main
import "fmt"

func main() {
	a := 0

	a++
	fmt.Println(a) // 1

	a++
	fmt.Println(a) // 2
}

 

デクリメント

デクリメントのサンプルです。
演算子を後ろに配置します。JavaScriptのように前には配置できません。

package main
import "fmt"

func main() {
	a := 0

	a--
	fmt.Println(a) // -1

	a--
	fmt.Println(a) // -2
}

 

偶数か奇数か判定する

偶数か奇数か判定するサンプルです。

package main
import "fmt"

func main() {
	a := 10

	if a%2 == 0 {
		fmt.Println("偶数です") // 偶数です
	} else {
		fmt.Println("奇数です")
	}
}

7行目は、割り算の余りを求める%を使用し、余りが0のときは偶数、0以外のときは奇数と判定しています。

関連の記事

Go言語のインストールとhello world(Windows10)
Go言語 if文のサンプル
Go言語 for文のサンプル(break/continue)
Go言語 switch文のサンプル

△上に戻る