Go言語 for文 処理を繰り返す(break/continue)

Go言語のfor文のサンプルです。処理を繰り返す時に使用します。

目次

for文 for文とは / for文のサンプル / 配列の値を取得
  while文の無限ループにあたる書き方
break ループを抜ける(break) / 2重ループでbreakを使用
  2重ループを抜ける(ラベル)
continue ループの先頭に戻る(continue) / 2重ループでcontinueを使用
range for range文(ループで加算しない)

for文とは

for 初期化式(1.値を初期化) ; 条件式(2.条件) ; 増減式(3.値を更新) {
  繰り返される箇所
}
  • 処理を繰り返す時に使用します。最初にforを書くのでfor文と呼ばれます。繰り返しはループとも呼ばれます。
  • 初期化式は、最初に1回だけ実行されます。
  • 使用する変数をカウンター変数またはループ変数といいます。変数名はiやjがよく使用されます。
  • 条件式がtrueの間、処理を繰り返します。
  • 増減式(3.値を更新)でカウンター変数/ループ変数の値が変わります。
  • 条件式がfalseになるとループ処理を終了します。
  • 以下は、Go言語公式のEffective Goのfor文のリンクです。
    https://golang.org/doc/effective_go.html#for

for文のサンプル

package main
import "fmt"

func main() {
	for i := 0; i < 5; i++ {
		fmt.Println(i) // 0 1 2 3 4が出力される
	}
}

5行目は、初期化式(i:=0)によりiは0から始まります。
増減式(i++)によりiの値は、1ずつ増えていきます。
条件式(i<5)がtrueの間は処理を繰り返し、iが5になるとfalseになるので終了します。

配列の値を取得

package main

import "fmt"

func main() {
	color1 := []string{"赤", "黄", "青"}

	for i := 0; i < len(color1); i++ {
		fmt.Println(color1[i]) // 赤 黄 青が出力される
	}
}

6行目は、配列です。
8行目のlenは、配列の長さを返します。
9行目は、変数と添字で配列の値を表示しています。配列の添字は0から始まります。

while文の無限ループにあたる書き方

Go言語にはwhile文がありません。for文の条件を空白にすると無限ループになります。

package main

import "fmt"

func main() {
	for i := 0; ; i++ {
		if i == 3 {
			break
		}
		fmt.Println(i) // 0,1,2が出力される
	}
}

6行目は、for文の条件がありません。

ループを抜ける(break)

breakでループを抜けるサンプルです。

package main
import "fmt"

func main() {
	for i := 0; i < 5; i++ {
		if i == 3 {
			break
		}
		fmt.Println(i) // 0,1,2が出力される
	}
}

7行目のbreakでfor文を抜けます。

2重ループでbreakを使用

package main
import "fmt"

func main() {
	for i := 0; i < 3; i++ {
		for j := 0; j < 3; j++ {
			if j == 0 {
				break
			}
			fmt.Println("j=", j) //出力なし
		}
		fmt.Println("i=", i) // i=0,i=1,i=2が出力される
	}
}

5,6行目にfor文があり2重ループ(入れ子)になっています。
8行目のbreakは、内側のfor文のみ抜けます。

2重ループを抜ける(ラベル)

package main

import "fmt"

func main() {
label1:
	for i := 0; i < 9; i++ {
		for j := 0; j < 9; j++ {
			if j == 3 {
				break label1
			}
			fmt.Println("j=", j) //0,1,2が出力される
		}
		fmt.Println("i=", i) // 出力なし
	}
	fmt.Println("終了") // 出力される
}

7,8行目にforがある2重ループです。label1はラベルです。
10行目のbreakとラベルで外側のfor文を抜けます。

ループの先頭に戻る(continue)

for文でcontinueを使用すると、ループ処理の先頭に戻ります。

package main
import "fmt"

func main() {
	for i := 0; i < 3; i++ {
		if i == 1 {
			continue
		}
		fmt.Println("i=", i) //i=0 i=2が出力される
	}
}

7行目のcontinueでループ処理の先頭の5行目に戻ります。
9行目は、i=0とi=2が出力されます。

2重ループでcontinueを使用

package main
import "fmt"

func main() {
	for i := 0; i < 3; i++ {
		for j := 0; j < 3; j++ {
			if j == 0 {
				continue
			}
			fmt.Println("j=", j) //j=1,j=2,j=1,j=2,j=1,j=2が出力される
		}
		fmt.Println("i=", i) // i=0,i=1,i=2が出力される
	}
}

5,6行目にfor文があり2重ループ(入れ子)になっています。
8行目のcontinueは、内側のfor文の先頭の6行目に戻ります。

for range文(ループで加算しない)

for 変数1,変数2 := range 配列などの変数 {
  繰り返される箇所
}
  • 上記for文との違いは、変数の値を加算する処理がありません。
  • 配列などの要素を順番にアクセスします。
package main
import "fmt"

func main(){
	color1 := []string{"赤","黄","青"}

	for a, b := range color1{
		fmt.Println(a,b) //0 赤 1 黄 2 青が出力される
	}

	for _, b := range color1{
		fmt.Println(b) //赤 黄 青が出力される
	}
}

5行目は、配列です。
7行目は、for文+rangeで配列のすべての要素にアクセスします。
8行目は、キーと値を表示します。
11行目は、キーと値のうちの値のみを取得しています。キーに当たる部分をアンダースコア(_)にします。

関連の記事

Go言語 if文のサンプル
Go言語 switch文のサンプル

△上に戻る