Eclipse/STS 日本語化する手順

Eclipse/STSを日本語化する手順です。
STSとは、Springフレームワーク用のEclipseベースのIDEです。
※Pleiades All in Oneをインストールした場合、すでに日本語化されているのでこの手順は不要です。

確認環境
・Windows10

目次

手順 1.Pleiadesプラグインを入手
  2.Pleiadesプラグインを展開
  3.日本語化を実行

1.Pleiadesプラグインを入手

Pleiadesプラグインの公式ページを開きます。
http://mergedoc.osdn.jp/
「Pleiadesプラグイン・ダウンロード」の下にある「Windows」をクリックし、zipファイルをダウンロードします。

2.Pleiadesプラグインを展開

ダウンロードしたzipファイルを展開します。

3.日本語化を実行

1.展開したzipファイル内のsetup.exeをダブルクリックします。

 

2.Pleiades日本語化プラグインのセットアップのダイアログが表示されます。
「選択」ボタンをクリックします。

 

3.日本語化するファイルを選択します。
Eclipseの場合は、eclipse.exeをクリックします。
(STSの場合は、STSのexeファイルをクリックします)

 

4.選択したファイルのパス等が表示されます。
「日本語化する」をクリックします。

 

5.日本語化が完了すると以下のダイアログが表示されます。
日本語化した後のPleiadesプラグインのzipや解凍したファイルは削除しても問題ありません。

Eclipse/STSを再起動すると日本語化されています。

関連の記事

Eclipseをインストールする手順(2021年版)
Eclipse Pleiades All in Oneをインストールする手順
Java JDKのインストールと環境変数の設定

△上に戻る