C# テキストボックスの作成のサンプル(フォームアプリケーション)

C#のテキストボックスの作成のサンプルです。
Windowsフォームアプリケーションです。

確認環境
・Visual Studio Community 2017

目次

テキストボックスを作成する

1.「ツールボックス」の「TextBox」をフォームにドラッグアンドドロップします。

 

2.「TextBox」を以下のように配置しました。

 

3.ここでは、テキストボックスのフォントサイズを変更します。
テキストボックスをクリックします。クリックした部品の情報がプロパティに表示されます。
※プロパティが表示されていない場合は、テキストボックスを右クリックして「プロパティ」をクリックします。

 

4.プロパティの「表示」の「Font」の欄をクリックします。

フォントダイアログが表示されるのでサイズを変更します。

 

テキストボックスの初期値を設定する

1.テキストボックスの初期値を設定します。
テキストボックスを右クリックして、「コードの表示」をクリックします。

 

2.コードの画面が表示されます。
21行目にコードを追加しました。Form1_Loadのブロックの中です。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Windows.Forms;

namespace formtest1
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
        {
            textBox1.Text = "テスト1";
        }


    }
}

 

3.「リビルド」して「開始」を実行すると設定した箇所が選択された状態になります。

 

テキストボックスの値を取得する

1.テキストボックスの値を確認しやすくするためbutotnをフォームに追加します。

 

2.buttonを右クリックして「コードの表示」をクリックします。

 

3.コードの画面が表示されます。
26行目にコードを追加しました。button1_Clickのブロックの中です。
テキストボックスに値を入力してボタンを押すと入力した値が表示されます。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Windows.Forms;

namespace formtest1
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
        {

        }

        private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            MessageBox.Show(textBox1.Text);
        }
    }
}

関連の記事

C# DataGridViewの作成のサンプル
C# コンボボックスの作成のサンプル(フォームアプリケーション)
C# ラジオボタンの作成のサンプル(フォームアプリケーション)

 はまったらエンジニア特化型Q&Aサイト
【teratail(テラテイル)】で質問しましょう!


△上に戻る