C# foreach文のサンプル(break/continue)

C#のforeach文のサンプルです。

目次

foreach文 foreach文
  配列の値を取得する
  リストの値を取得する
  ディクショナリのキーと値を取得する
break ループを抜ける(break)
continue ループの先頭に戻る(continue)

foreach文

foreach ( データ型 変数1 in 配列やリスト等の変数2 ){
  実行される処理(変数1を使用)
}

配列の値を取得する

using System;
class Test1
{
    static void Main()
    {
        var arr1 = new [] { "赤", "黄", "青" }; // 配列

        foreach (var str1 in arr1)
        {
            Console.WriteLine(str1); //赤 黄 青
        }
    }
}

6行目は配列です。
8行目はforeach文で配列の値を取得しています。

リストの値を取得する

using System;
using System.Collections.Generic;

class Test1
{
	static void Main()
	{
		var list1 = new List<string>() { "赤", "黄", "青" };

		foreach (var str1 in list1)
		{
			Console.WriteLine(str1); //赤 黄 青
		}
	}
}

8行目は、リストです。
10行目は、foreach文でリストの値を取得しています。

ディクショナリのキーと値を取得する

using System;
using System.Collections.Generic;

class Test1
{
	static void Main()
	{
		var dic1 = new Dictionary<string, string>();
		dic1.Add("A", "赤");
		dic1.Add("B", "黄");
		dic1.Add("C", "青");

		foreach (var d1 in dic1)
		{
			Console.WriteLine(d1.Key);   // A B Cと出力される
			Console.WriteLine(d1.Value); // 赤 黄 青と出力される
		}
	}
}

8行目は、ディクショナリです。
15行目はキーを16行目は値を取得しています。

ループを抜ける(break)

breakでループを抜けるサンプルです。

using System;
using System.Collections.Generic;

class Test1
{
	static void Main()
	{
		var list1 = new List<string>() { "赤", "黄", "青" };

		foreach (var str1 in list1)
		{
			if (str1 == "黄")
			{
				break;
			}
			Console.WriteLine(str1); //赤
		}
	}
}

14行目は、breakでforeach文のループから抜けます。
結果「赤」のみ出力されます。

ループの先頭に戻る(continue)

continueでループの先頭に戻るサンプルです。

using System;
using System.Collections.Generic;

class Test1
{
	static void Main()
	{
		var list1 = new List<string>() { "赤", "黄", "青" };

		foreach (var str1 in list1)
		{
			if (str1 == "黄")
			{
				continue;
			}
			Console.WriteLine(str1); //赤 青
		}
	}
}

14行目は、continueでforeach文の先頭(10行目)に戻ります。
結果「赤」と「青」が出力されます。

関連の記事

C# while文とdo while文のサンプル
C# for文のサンプル(break/continue)
C# 配列の仕組みと使い方のサンプル
C# Listの使い方のサンプル

△上に戻る