ASP.NETとVB.NET ビューの書き方(変数/配列/if/for)

ASP.NETとVB.NETのRazorのビューの書き方のサンプルです。

目次

サンプル コメント
  変数 / 配列
  if文 / for文 / while文 / Select文

コメント

ビューのコメントは、開始は@*で終了は*@です。

@*
	コメント1
*@
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
</head>
<body>
	Hello World
</body>
</html>

1~3行目はコメントです。アットマーク(@)とアスタリスク(*)を使用します。

変数

変数の宣言は@Code-End Codeの中に書き、変数の使用時は変数の前に@をつけます。

@Code
	Dim str As String = "テスト"
End Code
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
</head>
<body>
	@str
</body>
</html>

9行目は、画面のhtml表示時に変数の値の「テスト」が表示されます。

配列

@Code
	Dim arr() As String = {"赤", "黄", "青"} '配列
End Code
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
</head>
<body>
	@For i = 0 To arr.Count - 1
		@<p>@arr(i)</p>
	Next
</body>
</html>

2行目は、配列です。
9~11行目は、for文で配列の値を出力します。
10行目は、pタグの前に@が必要です。

If文

@Code
	Dim str As String = "B"
End Code
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
</head>
<body>
	@If str = "A" Then
		@<p>red</p>
	ElseIf str = "B" Then
		@<p>yellow</p>
	Else
		@<p>blue</p>
	End If
</body>
</html>

9行目からは、if文です。
11行目のElseIfは、ElseとIfの間に空白はありません。

For文

@Code
	Dim arr() As String = {"赤", "黄", "青"} '配列
End Code
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
</head>
<body>
	@For Each str As String In arr
		@<p>@str</p>
	Next

	@For i = 0 To arr.Count - 1
		@<p>@arr(i)</p>
	Next
</body>
</html>

9行目は、For Each文で配列の個数分ループします。
13行目は、配列の個数分ループし添字で配列の値を表示します。

While文

@Code
	Dim i As Integer = 0
End Code
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
</head>
<body>
	@While i < 3
		@<p>@i</p>
		i = i + 1
	End While
</body>
</html>

9行からは、While 文です。
11行目の値を1つ加算しています。ないと無限ループになるので注意が必要です。

Select文

Select文のサンプルです。JavaScritでのswitch文にあたります。

@Code
	Dim str As String = "B"
End Code
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
</head>
<body>
	@Select Case str
		Case "A"
			@<p>red</p>
		Case "B"
			@<p>yellow</p>
		Case else
			@<p>blue</p>
		End Select
</body>
</html>

9行からは、Select Case文です。breakは不要です。
最後はEnd Selectが必要です。

関連の記事

VB.NET If文のサンプル
VB.NET For文 処理を繰り返す(Exit/Continue)

△上に戻る