VB.NET Razorのビューの制御文(If/For/While/Select)

VB.NETのRazorのビューの制御文のサンプルです。
If文、For文、While文、Select文です。

目次

制御文 if文
  for文
  while文
  Select文

If文

If文のサンプルです。

@Code
	Layout = Nothing
	Dim str1 As String = "1"
End Code
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
</head>
<body>
	@If str1 = "1" Then
		@<p>赤です</p>
	ElseIf str1 = "2" Then
		@<p>黄です</p>
	Else
		@<p>青です</p>
	End If
</body>
</html>

3行目は、変数に値をセットしています。
10行からは、if文です。
12行目のElseIfは、ElseとIfの間に空白はありません。

For文

For文のサンプルです。

@Code
	Layout = Nothing
	Dim str1() As String = {"赤", "黄", "青"} '配列
End Code
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
</head>
<body>
	@For Each a As String In str1
		@<p>@a</p>
	Next

	@For i = 0 To str1.Count - 1
		@<p>@str1(i)</p>
	Next
</body>
</html>

3行目は、配列です。
10行目は、For Each文で配列の個数分ループします。
14行目は、配列の個数分ループし添字で配列の値を表示します。

While文

While文のサンプルです。

@Code
	Layout = Nothing
	Dim i As Integer = 0
End Code
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
</head>
<body>
	@While i < 3
		@<p>@i</p>
		i = i + 1
	End while
</body>
</html>

3行目は、変数に値をセットしています。
10行からは、While 文です。
12行目の値を1つ加算しています。ないと無限ループになるので注意が必要です。

Select文

Select文のサンプルです。JavaScritでのswitch文にあたります。

@Code
	Layout = Nothing
	Dim str1 As String = "1"
End Code
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
</head>
<body>
	@Select Case str1
		Case "1"
			@<p>赤です</p>
		Case "2"
			@<p>黄です</p>
		Case else
			@<p>青です</p>
	End Select
</body>
</html>

3行目は、変数に値をセットしています。
10行からは、Select Case文です。breakは不要です。
最後は17行目のEnd Selectが必要です。

関連の記事

VB.NET If文のサンプル
VB.NET For文のサンプル(Exit/Continue)
VB.NET While文のサンプル(Exit/Continue)
VB.NET Do...Loop文のサンプル(Exit/Continue)

△上に戻る