VB.NET フォルダの作成/削除等のサンプル

VB.NETのフォルダの作成/削除等のサンプルです。

確認環境
・Microsoft Visual Studio Community 2019

目次

フォルダ 空フォルダを作成する(CreateDirectory)
  フォルダをコピーする(CopyDirectory)
  フォルダを移動する(Move)
  フォルダ名を変更する(Move)
  フォルダの存在確認(Exists)
  フォルダを削除する(Delete)
  作成日時と更新日時を取得

空フォルダを作成する(CreateDirectory)

空フォルダを作成するサンプルです。

Imports System.IO

Module Module1
    Sub Main()
        Dim path1 As String = "D:\\test3\\Test1"

        Directory.CreateDirectory(path1)

    End Sub
End Module

7行目は、test3フォルダ配下にTest1フォルダを作成しています。

フォルダをコピーする(CopyDirectory)

フォルダをコピーするサンプルです。
My.Computer.FileSystemオブジェクトを使用しています。

Module Module1
    Sub Main()
        Dim path1 As String = "D:\\test3\\sub1"
        Dim path2 As String = "D:\\test4\\sub1"

        My.Computer.FileSystem.CopyDirectory(path1, path2)

    End Sub
End Module

6行目は、Test3フォルダ配下のsub1フォルダをTest4フォルダ配下にコピーします。
フォルダの中のファイルもコピーされます。サブフォルダもコピーされます。

フォルダを移動する(Move)

フォルダを移動するサンプルです。

Imports System.IO

Module Module1
    Sub Main()
        Dim path1 As String = "D:\\test3\\sub1"
        Dim path2 As String = "D:\\test4\\sub1"

        Directory.Move(path1, path2)

    End Sub
End Module

8行目は、Test3フォルダ配下のsub1フォルダをTest4フォルダ配下に移動します。
フォルダの中のファイルもコピーされます。サブフォルダもコピーされます。

フォルダ名を変更する(Move)

フォルダ名を変更するサンプルです。

Imports System.IO

Module Module1
    Sub Main()
        Dim path1 As String = "D:\\test3\\sub1"
        Dim path2 As String = "D:\\test3\\sub変更"

        Directory.Move(path1, path2)

    End Sub
End Module

8行目は、Test3フォルダ配下のsub1フォルダをsub変更というフォルダ名に変更しています。

フォルダの存在確認(Exists)

フォルダの存在確認を行うサンプルです。

Imports System.IO

Module Module1
    Sub Main()
        Dim path1 As String = "D:\\test3\\sub1"

        If Directory.Exists(path1) Then
            Console.WriteLine("存在します")
        End If
    End Sub
End Module

7行目のExistsメソッドは、フォルダが存在している場合、trueを返します。
存在していない場合、falseを返します。

フォルダを削除する(Delete)

フォルダを削除するサンプルです。

Imports System.IO

Module Module1
    Sub Main()
        Dim path1 As String = "D:\\test3\\sub1"

        Directory.Delete(path1, True)

    End Sub
End Module

7行目は、フォルダを削除します。引数の2つめのtrueはサブフォルダがある場合も削除します。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.io.directory.delete?view=netframework-4.8

作成日時と更新日時を取得する

作成日時と更新日時を取得するサンプルです。

Imports System.IO

Module Module1
    Sub Main()
        Dim path1 As String = "D:\\test3\\sub1"

        '作成日時
        Console.WriteLine(Directory.GetCreationTime(path1))
        '更新日時
        Console.WriteLine(Directory.GetLastWriteTime(path1))

    End Sub
End Module

8行目は、作成日時を取得します。2019/11/16 13:54:43のように表示されます。
10行目は、更新日時を取得します。2019/11/16 13:54:43のように表示されます。

関連の記事

VB.NET if文のサンプル
VB.NET ファイル操作のサンプル(存在/移動/削除他)

△上に戻る