VB.NET フォルダの作成/削除等のサンプル

VB.NETのフォルダの作成/削除等のサンプルです。

確認環境
・Microsoft Visual Studio Community 2019

目次

フォルダ操作 空フォルダを作成する(CreateDirectory)
  フォルダをコピーする(CopyDirectory)
  フォルダを移動する(Move)
  フォルダ名を変更する(Move)
  フォルダの存在確認(Exists)
  フォルダを削除する(Delete)
  作成日時と更新日時を取得

空フォルダを作成する(CreateDirectory)

Public Shared Function CreateDirectory (path As String) As DirectoryInfo

空フォルダを作成するサンプルです。

Imports System.IO

Module Module1
    Sub Main()
        Dim path1 As String = "D:\\test3\\Test1"

        Directory.CreateDirectory(path1)

    End Sub
End Module

7行目は、test3フォルダ配下にTest1フォルダを作成しています。

フォルダをコピーする(CopyDirectory)

Public Shared Sub CopyDirectory (sourceDirectoryName As String, destinationDirectoryName As String)

フォルダをコピーするサンプルです。
My.Computer.FileSystemオブジェクトを使用しています。

Module Module1
    Sub Main()
        Dim path1 As String = "D:\\test3\\sub1"
        Dim path2 As String = "D:\\test4\\sub1"

        My.Computer.FileSystem.CopyDirectory(path1, path2)

    End Sub
End Module

6行目は、Test3フォルダ配下のsub1フォルダをTest4フォルダ配下にコピーします。
フォルダの中のファイルもコピーされます。サブフォルダもコピーされます。

フォルダを移動する(Move)

Public Shared Sub Move (sourceDirName As String, destDirName As String)

フォルダを移動するサンプルです。

Imports System.IO

Module Module1
    Sub Main()
        Dim path1 As String = "D:\\test3\\sub1"
        Dim path2 As String = "D:\\test4\\sub1"

        Directory.Move(path1, path2)

    End Sub
End Module

8行目は、Test3フォルダ配下のsub1フォルダをTest4フォルダ配下に移動します。
フォルダの中のファイルもコピーされます。サブフォルダもコピーされます。

フォルダ名を変更する(Move)

Public Shared Sub Move (sourceDirName As String, destDirName As String)

フォルダ名を変更するサンプルです。

Imports System.IO

Module Module1
    Sub Main()
        Dim path1 As String = "D:\\test3\\sub1"
        Dim path2 As String = "D:\\test3\\sub変更"

        Directory.Move(path1, path2)

    End Sub
End Module

8行目は、Test3フォルダ配下のsub1フォルダをsub変更というフォルダ名に変更しています。

フォルダの存在確認(Exists)

Public Shared Function Exists (path As String) As Boolean

フォルダの存在確認を行うサンプルです。

Imports System.IO

Module Module1
    Sub Main()
        Dim path1 As String = "D:\\test3\\sub1"

        If Directory.Exists(path1) Then
            Console.WriteLine("存在します")
        End If
    End Sub
End Module

7行目のExistsメソッドは、フォルダが存在している場合、trueを返します。
存在していない場合、falseを返します。

フォルダを削除する(Delete)

Public Shared Sub Delete (path As String, recursive As Boolean)

フォルダを削除するサンプルです。

Imports System.IO

Module Module1
    Sub Main()
        Dim path1 As String = "D:\\test3\\sub1"

        Directory.Delete(path1, True)

    End Sub
End Module

7行目は、フォルダを削除します。引数の2つめのtrueはサブフォルダがある場合も削除します。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.io.directory.delete?view=netframework-4.8

作成日時と更新日時を取得する

Public Shared Function GetCreationTime (path As String) As DateTime
Public Shared Function GetLastWriteTime (path As String) As DateTime

作成日時と更新日時を取得するサンプルです。

Imports System.IO

Module Module1
    Sub Main()
        Dim path1 As String = "D:\\test3\\sub1"

        '作成日時
        Console.WriteLine(Directory.GetCreationTime(path1))
        '更新日時
        Console.WriteLine(Directory.GetLastWriteTime(path1))

    End Sub
End Module

8行目は、作成日時を取得します。2019/11/16 13:54:43のように表示されます。
10行目は、更新日時を取得します。2019/11/16 13:54:43のように表示されます。

関連の記事

VB.NET If文のサンプル
VB.NET ファイル操作のサンプル(存在/移動/削除他)

△上に戻る