VB.NET ファイル操作のサンプル(存在/移動/削除他)

VB.NETのファイル操作のサンプルです。

確認環境
・Microsoft Visual Studio Community 2019

目次

ファイル操作 ファイルの存在確認(Exists)
  ファイルをコピーする(Copy)
  ファイルを移動する(Move)
  ファイル名を変更する(Move)
  空ファイルを作成する(Create)
  ファイルを削除する(Delete)
  ファイルのサイズを取得する(Length)
  作成日時と更新日時を取得

ファイルの存在確認(Exists)

Public Shared Function Exists (path As String) As Boolean

ファイルの存在確認を行うサンプルです。

Imports System.IO

Module Module1
    Sub Main()
        Dim path1 As String = "D:\\test3\\Test1.txt"

        If File.Exists(path1) Then
            Console.WriteLine("存在します")
        End If
    End Sub
End Module

7行目のExistsメソッドは、ファイルが存在している場合、trueを返します。
存在していない場合、falseを返します。

ファイルをコピーする(Copy)

Public Shared Sub Copy (sourceFileName As String, destFileName As String)

ファイルをコピーするサンプルです。

Imports System.IO

Module Module1
    Sub Main()
        Dim path1 As String = "D:\\test3\\Test1.txt"
        Dim path2 As String = "D:\\test4\\Test1.txt"

        File.Copy(path1, path2)
        'System.IO.File.Copy(path1, path2)

    End Sub
End Module

8行目は、test4フォルダにはTest1.txtがない状態で、test3フォルダのTest1.txtをtest4フォルダにコピーします。
9行目のようにSystem.IOをimportではなく直接書くことも出来ます。

ファイルを移動する(Move)

Public Shared Sub Move (sourceFileName As String, destFileName As String)

ファイルを移動するサンプルです。

Imports System.IO

Module Module1
    Sub Main()
        Dim path1 As String = "D:\\test3\\Test1.txt"
        Dim path2 As String = "D:\\test4\\Test1.txt"

        File.Move(path1, path2)

    End Sub
End Module

8行目は、test3フォルダからtest4フォルダにファイルを移動します。

ファイル名を変更する(Move)

Public Shared Sub Move (sourceFileName As String, destFileName As String)

ファイル名を変更するサンプルです。

Imports System.IO

Module Module1
    Sub Main()
        Dim path1 As String = "D:\\test3\\Test1.txt"
        Dim path2 As String = "D:\\test3\\Test変更.txt"

        File.Move(path1, path2)

    End Sub
End Module

8行目は、Test3フォルダ配下のTest1.txtをTest変更.txtというファイル名に変更しています。
ファイルがない場合はエラーになります。

空ファイルを作成する(Create)

Public Shared Function Create (path As String) As FileStream

空ファイルを作成するサンプルです。

Imports System.IO

Module Module1
    Sub Main()
        Dim path As String = "D:\\test3\\Test1.txt"

        Dim fs As FileStream = File.Create(path)
        fs.Dispose()

    End Sub
End Module

System.IOのインポートが必要です。
7行目は、Createメソッドで空ファイルを作成します。
8行目は、Disposeメソッドでリソースを解放しています。

ファイルを削除する(Delete)

Public Shared Sub Delete (path As String)

ファイルを削除するサンプルです。

Imports System.IO

Module Module1
    Sub Main()
        Dim path1 As String = "D:\\test4\\Test1.txt"

        File.Delete(path1)

    End Sub
End Module

7行目は、ファイルを削除します。ファイルが無い場合でもエラーになりません。

ファイルのサイズを取得する(Length)

Public ReadOnly Property Length As Long

ファイルのサイズを取得するサンプルです。

Imports System.IO

Module Module1
    Sub Main()
        Dim path1 As String = "D:\\test3\\Test1.txt"

        Dim file1 As New FileInfo(path1)
        Console.WriteLine(file1.Length)

    End Sub
End Module

7行目は、FileInfoクラスのインスタンスを生成しています。
8行目は、Lengthでサイズを取得しています。バイトで取得します。

作成日時と更新日時を取得

Public Shared Function GetCreationTime (path As String) As DateTime
Public Shared Function GetLastWriteTime (path As String) As DateTime

作成日時と更新日時を取得するサンプルです。

Imports System.IO

Module Module1
    Sub Main()
        Dim path1 As String = "D:\\test3\\Test1.txt"

        '作成日時
        Console.WriteLine(Directory.GetCreationTime(path1))
        '更新日時
        Console.WriteLine(Directory.GetLastWriteTime(path1))

    End Sub
End Module

8行目は、作成日時を取得します。2019/11/16 13:54:43のように表示されます。
10行目は、更新日時を取得します。2019/11/16 14:24:04のように表示されます。

関連の記事

VB.NET If文のサンプル
VB.NET フォルダの作成/削除等のサンプル

△上に戻る