VB.NET 現在日時の取得と表示形式のサンプル

VB.NETの現在日時の取得と表示形式のサンプルです。

目次

サンプル 現在日時を取得する
  YYYYMMDD形式にする

現在日時を取得する

現在日時を取得するサンプルです。

Module Module1
    Sub Main()
        Dim dt1 As String = DateTime.Now
        Console.WriteLine(dt1) ' 2020/02/05 8:23:39

        Dim dt2 As String = DateTime.Today
        Console.WriteLine(dt2) ' 2020/02/05

        Dim dt3 As DateTime = DateTime.Now
        Console.WriteLine((dt3.Year).ToString + "年" _
                        + (dt3.Month).ToString + "月" _
                        + (dt3.Day).ToString + "日") ' 2020年2月5日
        Console.WriteLine((dt3.Hour).ToString + "時" _
                        + (dt3.Minute).ToString + "分" _
                        + (dt3.Second).ToString + "秒" _
                        + (dt3.Millisecond).ToString) ' 8時23分39秒983
    End Sub
End Module

3行目は、DateTimeのNowプロパティで現在日時を取得しています。
6行目は、Todayプロパティで現在の年月日を取得しています。時分秒はありません。
10~12行目は、年月日のみを表示しています。Year,Month,DayはDateTime構造体のプロパティです。ToStringでDateTime型を文字列に変換しています。
13~16行目は、時分秒ミリ秒を表示しています。Hour,Minute,Second,MillisecondもDateTime構造体のプロパティです。

DateTime構造体

以下は、MicrosoftのDateTime構造体のリンクです。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.datetime?view=netframework-4.8

YYYYMMDD形式にする

YYYYMMDD形式にするサンプルです。

Module Module1
	Sub Main()

		Dim dt1 As String = DateTime.Today
		Console.WriteLine(dt1) '2020/07/09

		Console.WriteLine(
		dt1.Substring(0, 4) + dt1.Substring(5, 2) + dt1.Substring(8, 2))
		' 20200709
	End Sub
End Module

4行目は、Todayプロパティで現在の年月日をYYYY/MM/DDで取得しています。
8行目は、Substringメソッドを使用してスラッシュを除いています。

関連の記事

VB.NET 文字列を操作するサンプル

△上に戻る