Tomcatの入手・手動での起動/停止・htmlで確認

Tomcat(zip版)の入手とTomcatを手動で起動/停止する手順です。
確認環境は、Windows10、apache-tomcat-8.5です。

目次

手順 Tomcatを入手する
  Tomcatを起動する
  ブラウザでTomcatを確認する
  Tomcatを停止する
  作成したhtmlファイルをTomcat上に配置して確認する

Tomcatを入手する

1.Apache Tomcatのサイトにアクセスします。
http://tomcat.apache.org/download-80.cgi

2.「Binary Distributions」の「Core」にある「64-bit Windows zip」または「32-bit Windows zip」をダウンロードします。使用するPCのビット数にあわせます。

tomcat-get1

Windows10の64ビットか32ビットかを確認する方法は以下を参照下さい。
Windows10 64ビットか32ビットか確認する方法

zipファイルを展開してファイルを配置する

ダウンロードしたzipファイルを展開し、任意の場所に配置します。

 

Tomcatを起動する

startup.bat

zipを展開したapache-tomcat-8.0.39フォルダの中にあるbinフォルダを開き
startup.batをダブルクリックします。

tomcat-start

注1.Tomcatを起動するにはJavaのフォルダ(例:jdk1.8.0_72等)のbinフォルダのパスが環境変数に設定されている必要があります。
環境変数の設定の手順については以下を参照下さい。
JDKのインストールと環境変数の設定

注2.startup.batをダブルクリックするとコマンドプロンプトが表示されますがそのままにしておきます。Tomcatを停止するとそのコマンドプロンプトも自動で閉じます。

 

ブラウザでTomcatを確認する

ブラウザのURL欄に http://localhost:8080と入力します。
以下のページが表示されればTomcatが動いています。

tomcat-page

 

Tomcatを停止する

shutdown.bat

停止する場合は、shutdown.batをダブルクリックします。

tomcat-shutdown

 

作成したhtmlファイルをTomcat上に配置して確認する

\apache-tomcat-8.5.66\webapps\test1\test.html

webappsフォルダ配下にtest1フォルダを作成しtest.htmlファイルを配置しました。

 

http://localhost:8080/test1/test.html

上記のURLでアクセスできます。

以下は、test.htmlです。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
  <title>Document</title>
</head>
<body>
  テストページ
</body>
</html>

関連の記事

Tomcat7をyumでインストールする(CentOS6)
Eclipseでwarファイルを作成しTomcatにデプロイ
EclipseにTomcatを登録する手順

△上に戻る