Tomcat7をyumでインストールする(CentOS6)

Tomcat7をyumでCentOS6にインストールする手順です。

実行環境
・CentOS 6.8 (64bit)

手順

1.root権限を取得します。

su

2.CentOS6の標準リポジトリには、Tomcat7は含まれていないため、EPELリポジトリ(64bit版)を登録します。

rpm -Uvh http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

EPELリポジトリは、Fedoraプロジェクト提供のリポジトリです。
以下はFedoraプロジェクトのEPELのリンクです。
https://fedoraproject.org/wiki/EPEL/ja
EPEL=Extra Packages for Enterprise Linux(エンタープライズ Linux 用の拡張パッケージ)

3.yumコマンドを実行します。

yum install tomcat

4.依存関係があるパッケージが表示されます。yを押すとインストールが始まります。

※yumコマンドとrpmコマンドの違い
yumコマンドは、依存関係にあるパッケージを自動でインストールします。
→rpmコマンドは、依存関係にあるパッケージを自動でインストールしません。

確認

Tomcat関連のコマンドです。

コマンド 説明
tomcat version Tomcatのバージョンを表示する
service tomcat status Tomcatの起動/停止状態を確認する
service tomcat start Tomcatを起動する
service tomcat stop Tomcatを停止する
service tomcat restart Tomcatを再起動する
chkconfig tomcat on OSが起動した時にTomcatも起動するようにする

 

 




△上に戻る