PHP LaravelのインストールとHello Worldを表示する手順(Windows10)

LaravelのインストールとHello Worldを表示する手順です。
Windows10にインストールします。

確認環境
・Windows 10
・PHP 7.2.8
・Composer 1.7.3
・Laravel 5.7

目次

1.XAMPPをインストールする

1.XAMPPをインストールする必要があります。
インストール方法は以下を参照願います。

XAMPPをインストールする手順(Windows10)

 

2.Composerをインストールする

Composerをインストールします。

1.Composerのページを開きます。
Composerは、PHPの依存関係管理ツールです。

https://getcomposer.org/download/

 

2.Composer-Setup.exeを左クリックするとダウンロードが始まります。

 

3.ダウンロードしたComposer-Setup.exeをダブルクリックするとsetupウィザードが立ち上がります。チェックせずにNextをクリックします。

 

4.XAMPPの中にあるphp.exeを指定します。
Nextをクリックします。

 

5.チェックせずにNextをクリックします。

 

6.Installボタンを押してインストールします。

 

3.Laravelをインストールする

Laravelをインストールします。

1.コマンドプロンプトを立ち上げ、\xampp\htdocsに移動します。

2.以下のコマンドを入力します。完了までしばらく時間がかかります。

composer create-project --prefer-dist laravel/laravel testlaravel1

上記のtestlaravel1の箇所がプロジェクト名です。フォルダとして新規に作成されます。
\xampp\htdocs\testlaravel1になります。

3.完了すると以下の画面になります。

https://laravel.com/docs/5.7/installation

 

4.Laravelの表示を確認する

Laravelの表示を確認します。

1.XAMPPのapacheを立ち上げます。

 

2.以下のURLにアクセスするとLaravelの画面が表示されます。

http://localhost/testlaravel1/public

 

5.Hello Worldを表示する

1.Hello Worldを表示します。

E:\xampp\htdocs\testlaravel1\routes配下にあるweb.phpを修正します。

<?php

/*
|--------------------------------------------------------------------------
| Web Routes
|--------------------------------------------------------------------------
|
| Here is where you can register web routes for your application. These
| routes are loaded by the RouteServiceProvider within a group which
| contains the "web" middleware group. Now create something great!
|
*/

//Route::get('/', function () {
Route::get('test1/', function () {
   // return view('welcome');
   return ('Hello World1');
});

14,16行目をコメントにして、15,17行目を追加しました。

以下のURLにアクセスするとブラウザにHello World1と表示されます。

http://localhost/testlaravel1/public/test1

関連の記事

XAMPPをインストールする手順(Windows10)
EclipseにPDTを入れてLaravelのプロジェクトをインポートする手順

△上に戻る