クッキーを確認する(HTTPリクエストとHTTPレスポンスで確認)

HTTPリクエストとHTTPレスポンスでクッキー(HTTP Cookie)を確認します。
クッキーの発行は、PHPを使用しています。

確認環境
・Windows10
・Google Chrome
・PHP 7.2.8

目次

クッキーの流れ

1.クライアントがWebサーバーにアクセスします。
2.Webサーバーにあるプログラムがクッキーを発行してクライアントに送ります。
3.再度クライアントがWebサーバーにアクセスする時、Webサーバーにあるプログラムはクライアントのクッキーを取得して識別します。

以下は、MDNのHTTP Cookieのリンクです。
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/HTTP/Cookies

 

クッキーをセットするコード

以下は、PHPのクッキーを発行するコードです。
画面をリロードすると、数値が1つずつ上がっていきます。

<?php
setcookie("count",1);
setcookie("dummy","d");

if(!isset($_COOKIE["count"])){
	$rec = "初回表示時";

} else{
	$rec = "{$_COOKIE["count"]}";
	setcookie("count",$rec + 1);
}
?>
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>select</title>
</head>
<body >
	<?=($rec)?>
</body>
</html>

2,3行目のsetcookieは、名前と値を指定してクッキーをセットしています。
5行目の!issetでクッキーを確認しています。
最初の表示時の判定はtrueになり、画面に初回表示時と表示されます。
10行目は、クッキーの"count"の値に1を加算しています。

初回表示時のHTTPリクエストとHTTPレスポンス

初回表示時のHTTPリクエストとHTTPレスポンスです。

以下は、クライアントからサーバーに送信するHTTPリクエストです。
初回なのでクッキーはありません。

GET http://localhost/test1/ HTTP/1.1
Host: localhost
Connection: keep-alive
Cache-Control: max-age=0
Upgrade-Insecure-Requests: 1
User-Agent: Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KH
Accept: text/html,application/xhtml+xml,application/xml;q=0.9,image/webp,im
Accept-Encoding: gzip, deflate, br
Accept-Language: ja,en-US;q=0.9,en;q=0.8

以下は、HTTPレスポンスです。
サーバからクライアントにクッキーは渡されますが、上記コードの5-6行目のロジックを通ります。

HTTP/1.1 200 OK
Date: Fri, 09 Nov 2018 12:00:08 GMT
Server: Apache/2.4.34 (Win32) OpenSSL/1.1.0h PHP/7.2.8
X-Powered-By: PHP/7.2.8
Set-Cookie: count=1
Set-Cookie: dummy=d

Content-Length: 140
Keep-Alive: timeout=5, max=100
Connection: Keep-Alive
Content-Type: text/html; charset=UTF-8
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>select</title>
</head>
<body >
初回表示時
</body>
</html>

リロード時のHTTPリクエストとHTTPレスポンス

リロードをしたときのHTTPリクエストとHTTPレスポンスです。

以下は、HTTPリクエストです。
最終行はクッキーです。
クライアントからサーバーにクッキーを送信しています。

GET http://localhost/test1/ HTTP/1.1
Host: localhost
Connection: keep-alive
Cache-Control: max-age=0
Upgrade-Insecure-Requests: 1
User-Agent: Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/70.0.3538.77 Safari/537.36
Accept: text/html,application/xhtml+xml,application/xml;q=0.9,image/webp,image/apng,*/*;q=0.8
Accept-Encoding: gzip, deflate, br
Accept-Language: ja,en-US;q=0.9,en;q=0.8
Cookie: count=1; dummy=d

以下は、HTTPレスポンスです。
サーバで処理された値がクッキーとしてクライアントに送信されます。

HTTP/1.1 200 OK
Date: Fri, 09 Nov 2018 12:00:10 GMT
Server: Apache/2.4.34 (Win32) OpenSSL/1.1.0h PHP/7.2.8
X-Powered-By: PHP/7.2.8
Set-Cookie: count=1
Set-Cookie: dummy=d
Set-Cookie: count=2

Content-Length: 126
Keep-Alive: timeout=5, max=98
Connection: Keep-Alive
Content-Type: text/html; charset=UTF-8
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>select</title>
</head>
<body >
1
</body>
</html>

 

Chromeブラウザでクッキーを確認する

Google Chromeのデベロッパーツールでクッキーを確認できます。

「F12」キーを押してデベロッパーツールを開き、「Application」→「Cookies」→「http://localhost」をクリックします。

下の図では「dummy」と「count」はクッキーの名前で、「d」と「3」はクッキーの値です。
中央の丸に斜め線が入ったアイコンは、クッキーをクリアします。

 

クッキー関連のメソッド

以下は、PHPのクッキー関連のメソッドです。

クッキーを削除する場合は、
setcookie("名前","")にします。

	setcookie("cnt1","");

 

クッキーの有効期限を設定する場合は、
setcookie(名前,値,有効期限)にします。

以下は上から有効期限を1分、1時間、1日、1週間としています。

	setcookie("cnt1",1,time() + 60);
	setcookie("cnt1",1,time() + 60 * 60);
	setcookie("cnt1",1,time() + 24 * 60 * 60);
	setcookie("cnt1",1,time() + 7 * 24 * 60 * 60);

リンク

関連の記事

XAMPPをインストールする手順(Windows10)
セッションを確認する(HTTPリクエストとHTTPレスポンスで確認)
「HTTPリクエスト」と「HTTPレスポンス」

△上に戻る