Webサーバに接続するまでの流れとポート番号

PCからWebサーバに接続するまでの流れとポート番号についてです。

目次

Webサーバに接続するまでの流れ

PCのブラウザからWebサーバに接続するまでの流れです。

  1. PCがPC側のポート番号の割当をします。例:ポート番号 50710番
    →ポート番号はそのとき空いているポート番号が割り当てられます。
    →ポート番号は都度変化します。
  2. Webサーバーの80番等のポートに対して接続に行きます。

サーバー側

  • サーバー側は、IPアドレスとポート番号の組み合わせでどこと通信しているか判別できるようにしています。

ポート番号

クライアント側に割り当てられるポート番号は、49152番 - 65535番です。
ダイナミックポートまたはエフェメラルポート(短命なポート)と呼ばれます。

以下は、ポート番号の範囲です。

ポート番号 説明
0番 - 1023番 ウェルノウンポート
IANAが管理しています。
1024番 - 49151番 登録済みポート番号
IANAが管理しています。
49152番 - 65535番 ダイナミックポート、エフェメラルポート(短命なポート)
クライアント側で使用されるポート番号です。

ウェルノウンポートとはサーバーが待ち受けで使用するポート番号です。
以下は、主なウェルノウンポートです。

ポート番号 説明
20 FTP (アクティブモード)
→パッシブモードのポート番号はランダムです。
21 FTP (コントロール)
22 SSH
23 Telnet
25 SMTP
80 HTTP
110 POP3
139 NetBIOS
143 IMAP4
443 HTTPS

以下は、ポート番号についてwikiのリンクです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E7%95%AA%E5%8F%B7

netstatコマンド

コマンドプロンプトでnetstat -nと入力するとIPアドレスとポート番号が表示されます。
以下は、netstat -nを入力した例です。

 プロトコル  ローカル アドレス    外部アドレス      状態
  TCP         192.168.2.1:54633    100.X.X.X:443     ESTABLISHED
  TCP         192.168.2.1:54638    100.X.X.X:443     CLOSE_WAIT
  TCP         192.168.2.1:54654    100.X.X.X:443     ESTABLISHED

状態のESTABLISHEDは、接続が確立し通信している状態です。
CLOSE_WAITは、相手から自分への通信はcloseで自分はまだcloseしていない状態です。
待ち受け(listen)の状態を表示するには、netstatに-aを付けます。

関連の記事

メールを送受信するプロトコル (SMTP/POP/IMAP)
ネットワークのアドレス変換 (NATとNAPTの違い)
DNSの仕組み
L2スイッチとL3スイッチの違い
MACアドレスを取得するプロトコル (ARP)
インターネットVPNとIP-VPNと広域イーサネットの違い
プロキシサーバとリバースプロキシサーバの違い
使用しているネット環境
セッションを確認する(HTTPリクエストとHTTPレスポンスで確認)
クッキーを確認する(HTTPリクエストとHTTPレスポンスで確認)
「HTTPリクエスト」と「HTTPレスポンス」

△上に戻る