ネットワークのアドレス変換 (NATとNAPTの違い)

ネットワークのアドレス変換のNAT、NAPTの違いについてです。

目次

NAT

ネットワークアドレスの変換を行う技術です。
NATは、Network Address Translationの略です。

流れ

PCからルーターのNAT機能を使用して送受信するときの概念図です。

  • ①と②は、PCからサーバへの送信時の流れで、②で送信元のプライベートIPアドレスをルーターのグローバルIPアドレスに変換します。
  • ③と④は、サーバからPCへの受信時の流れで、④で送信先のルーターのグローバルIPアドレスをプライベートIPアドレスに変換します。

NATの問題点

  • プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスが1対1で対応するためプライベートネットワークのPCが増えると対応できません。

NAPT

ネットワークアドレスの変換に加えてポート番号も変換する技術です。
NAPTは、Network Address Port Translationの略です。

送信

PCからルーターのNAPT機能を使用してサーバへ送信するときの概念図です。

  • ①は、PCが2台ありそれぞれサーバにアクセスしに行きます。その際ポート番号が同じだったとします。
  • ②は、送信元のPC1とPC2のプライベートIPアドレスの変換とPC2の方のポート番号を変換しています。
  • サーバは、このIPアドレスとポート番号によってそれぞれのPCを判別できます。

受信

サーバからルーターのNAPT機能を使用してPCへ送信するときの概念図です。

  • ③は、サーバが送信先に送信します。
  • ④は、ルーターがPCからサーバへ送信したときの送信元の情報(PCの情報)を覚えていてそのIPアドレスととポート番号に戻しています。

(関連)ポートフォワード

関連で似ている機能のポートフォワードについてです。

以下は、PCからサーバへポートフォワードで送信するときの概念図です。

  • ポートフォワードとは、ルータの転送設定のことです。
  • 特定のポート番号のときだけサーバ等に通信が届くようにルータに設定します。
  • プライベートネットワーク内にWebサーバなどを立てて外部に公開する場合などで使用します。

リンク

以下は、Wikipediaのネットワークアドレス変換のリンクです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%B9%E5%A4%89%E6%8F%9B

関連の記事

メールを送受信するプロトコル (SMTP/POP/IMAP)
Webサーバに接続するまでの流れとポート番号
DNSの仕組み
L2スイッチとL3スイッチの違い
MACアドレスを取得するプロトコル (ARP)
インターネットVPNとIP-VPNと広域イーサネットの違い
プロキシサーバとリバースプロキシサーバの違い
「HTTPリクエスト」と「HTTPレスポンス」

△上に戻る