Java log4j 1.2でコンソールにログを出力するサンプル

log4jの1.2を使用してコンソールにログを出力するサンプル(手順)です。

注:log4jの1.xは2015年8月にEOL(End of Life)になっており、Log4j 2が推奨されています。
Apache log4j 1.2のサイト
http://logging.apache.org/log4j/1.2/index.html
log4j2のサンプルは
Java log4j2でテキストにログを出力するサンプル参照。
実行環境
・eclipse4.5
・log4j-1.2.17.jar

1.jarファイルの取得

下記のサイトからlog4j-1.2.17.zipをダウンロードします。

Apache log4j 1.2のサイト
http://logging.apache.org/log4j/1.2/download.html 

ダウンロードしたzipを展開し以下のファイルを任意の場所に配置します。
・log4j-1.2.17.jar

2.jarファイルをクラスパス(ビルドパス)に追加

log4j-1.2.17.jarをクラスパスに追加します。
クラスパスに追加する手順は、
Eclipse 外部のjarファイルを使うためのクラスパス(ビルドパス)の設定手順参照。

3.ソースコードの作成と実行

以下のコードを記述して実行するとログがコンソールに出力されます。

package test1;
 
import org.apache.log4j.BasicConfigurator;
import org.apache.log4j.Logger;
 
/**
 *  log4j 1.2 コンソールにログを出力するサンプル
 */
class Sample {
	
	private Logger logger = Logger.getLogger(Sample.class);
 
	void runSample(){
 
		//本来手動で設定する出力内容を自動で設定してくれている
		BasicConfigurator.configure();
 
		int a = 1;
 
		logger.info("info" + a); //0 [main] INFO test1.Sample  - info1 ←出力される内容
 
	}
}
public class Test1 {
	public static void main(String[] args) {
		Sample s = new Sample();
		s.runSample();
 	}
}

関連の記事

Java log4j 1.2でテキストにログを出力するサンプル(設定ファイルがテキスト)
Java log4j 1.2でテキストにログを出力するサンプル(設定ファイルがxml)
Java log4j2でテキストにログを出力するサンプル
Java LogbackとSLF4jでテキストにログを出力するサンプル



△上に戻る