Go言語 英字の大文字と小文字を変換(ToLower/ToUpper)

Go言語の英字の大文字と小文字を変換するサンプルです。
ToLower関数とToUpper関数を使用します。

目次

英字の大文字を小文字にする(ToLower関数)

ToLower(文字列)
  • ToLower関数は、英字の大文字を小文字にします。
  • stringsパッケージのインポートが必要です。
  • 以下はGo言語公式のToLower関数のリンクです。
    https://golang.org/pkg/strings/#ToLower

コード

英字の大文字を小文字にするサンプルです。

package main
import "fmt"
import "strings"

func main(){

a := "ABCabcあいう"

fmt.Println(strings.ToLower(a)) //abcabcあいう

}

3行目は、stringsパッケージをインポートしています。
7行目は、英字の大文字と小文字と全角文字があります。
9行目は、ToLowerメソッドで英字の大文字を小文字にしています。全角文字は変わっていません。

 

英字の小文字を大文字にする(ToUpper関数)

ToUpper(文字列)
  • ToUpper関数は、英字の小文字を大文字にします。
  • stringsパッケージのインポートが必要です。
  • 以下はGo言語公式のToUpper関数のリンクです。
    https://golang.org/pkg/strings/#ToUpper

コード

英字の小文字を大文字にするサンプルです。

package main
import "fmt"
import "strings"

func main(){

a := "ABCabcあいう"

fmt.Println(strings.ToUpper(a)) //ABCABCあいう

}

3行目は、stringsパッケージをインポートしています。
7行目は、英字の大文字と小文字と全角文字があります。
9行目は、ToUpperメソッドで英字の小文字を大文字にしています。全角文字は変わっていません。

関連の記事

Go言語 if文のサンプル
Go言語 for文のサンプル(break/continue)
Go言語 switch文のサンプル

△上に戻る